井上咲楽、釣りのエサ“ブドウムシ”を素揚げで堪能「おいしい!」


タレントの井上咲楽が、テレビ新広島・フジテレビ系バラエティ特番『ニッポンを釣りたい! 釣って食べて寝たいだけ。』(27日16:05~17:20)に出演する。

今年22回目を迎える同シリーズは、“釣り”をキーワードに自然の中で遊ぶことの楽しさを伝える恒例の特番。今回がシリーズ初出演となる井上は、豪華な“キャンプ飯”の食材とするため、茨城県の渓流でヤマメやイワナを狙う。

ペアのガンバレルーヤ・まひるとともに川を訪れた井上は、釣りのエサに使う “ブドウムシ”を素揚げにし「ナッツみたいな風味でおいしい!」と食べ始め、まひるを驚かせる。井上は釣り好きである父親の影響で小さい頃から釣りに親しんできたといい、釣り竿さばきも手慣れた様子だ。その後も昆虫が苦手なガンバレルーヤのまひるにかわってエサを釣り針に取り付けたり、エサとなる虫を探そうと自ら川に入って岩の裏をのぞき込んだりと、終始ワイルドに釣りを楽しむ。

その後、キャンプ芸人のたけだバーベキューが、井上らが集めた新鮮な食材を調理。たけだが、キャンプや登山の際に使われる調理器具の“コッヘル”を取り出すと、井上は「私、普段からコッヘルを使ってお米炊いてます!」とまさかのエピソードを披露し、たけだは「さすがやな」と舌を巻く。

ロケを終え、たけだは「咲楽ちゃんの“潜在キャンプ能力”がすごいですね。随所にサバイバル能力の高さを感じました」と太鼓判。井上は「私はやっぱり自然が好きなんだなと感じました。でも、自然と向き合う能力はコロナ禍で落ちちゃったなと。魚をさばけるようになったり、狩りの免許を取得したり、もっとサバイバル能力を身につけたいですね」と、さらなる高みを目指すことを宣言した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ