【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第21号:もしかしたら今号だけデアゴスティーニ製じゃないかも編



ピーナッツ! 今週もギリギリ平日の公開に滑り込み!! 完成まで約2年の超ガチ企画「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である! さて、突然だけど私(あひるねこ)、とんでもないことに気付いてしまったのだ。消される覚悟で発表しよう。

今回作るのはタイトル通り、第21号なのだが……もしかしたら、もしかしたらこの号……デアゴスティーニ製じゃないかもしれないのだ。デアゴスティーニではない何者かが作った号という可能性が極めて高いのだ。どうしてそう思うか。その理由はこれからお伝えするのだ。

・第21号の中身
まずはいつも通り中身の確認をしていこう。最初に出てきたのは、なんとスヌーピーのフィギュア。しかも前号同様、1950年に初登場した完全犬モードのスヌーピーだ。この時は首輪に花をつけ、犬らしく四足で歩いている。

続いて背景用シートが1枚。

まあ、ここまではいつものデアゴスティーニである。特に変わった点は見られないが……さあドンドンいこう!

次! 外壁A!

続いて外壁B!

左壁!

右壁!

そして奥壁!

結果、壁だらけ!

いつものデアゴスティーニ!!

・平常運転
もうどうしようもない程にデアゴスティーニである。よくある壁回。壁ゴスティーニだ。私も「あれ? やっぱりデアゴスティーニ製かも?」と思えてきたぞ。どうしてくれんねん。ところがこの後、いきなり心臓が止まりかける。

か、花壇……!

・詰んだ
そう、花壇である(左はネジ)。花壇といえば? そう、草や花である。ここでよみがえる悪夢の数々。花シート、草シート、葉シート……。

カッター、ボンド、ピンセット……。

ああ、やりたくない! あの作業は絶対やりたくないでござるゥゥゥゥウウウ!! というワケで、一旦やらずに先に進むことにしたい。壁ゴスティーニの方から片付けっぞ! 以前組み立てた「イースターシーズン / 3兄弟」のボックスに外壁Aと……

外壁Bを取り付け……

それぞれネジを締める。

完成である。

・早えーよ
マジか、思った以上にマッハで終わってしまったな……。仕方がないので覚悟を決め、花壇の作業に入っていきたい。さあ、煮るなり焼くなり! 花シートなり草シートなり!! 好きにするがいい! ところが……

え!?

う、嘘だろ……?

まさかの完成形である。

・何が起きた
箱から出てきたのはあの鬼畜シートではなく、花A、花B、花Cの3つのパーツ。いずれも、これ以上加工する必要がまったくない完パケ品だ。てことは、今日はカッターで切ったり、ボンドでくっ付けたりしなくていいのか!? その通り。

花壇に差し込むだけなり。そして……

窓枠に差し込むだけ。

・異常事態
この時、私の手は逆に震えていた。あり得ない……! これまでデアゴスティーニを20号分組み立ててきたが、こんなに簡単でいいはずがない。あの鬼のデアゴスティーニ軍曹が、こんな簡単な指令を下すはずがないのだ。つーことは、さてはお前ェ……デアゴじゃねーな!?

誰だお前ェは!

誰なんだコラ!!

デアゴスティーニのフリか!?

フリしてんのかコラ!!!

私はな、こんなラクをして、そこまで時間はかからず、さらに腕も神経もそこまで疲れず、それでいて素晴らしくカワイイ、スヌーピーの初登場シーンが出来上がってしまうような、そんなふざけたことは……! そんなふざけきったことは……!!

あまり嫌いじゃねぇ……!

・むしろラブ
いいんだよ……! これが花なんだよ……!! 花ってのは花壇に生えるものであって、ピンセットでプルプル取り付けるもんじゃねーんだよ……! 誰だか知らないが、この号のパーツを作りやがった世紀の不届き者に一言物申すぞ……!!

またお待ちしております……!

そう、たまにはこういう日があっていい。というか、基本こんな感じでいい。できれば来週もこれくらいの緩さだとありがたいのだが……果たしてどうなることやら。それでは次回もお楽しみに! ピーナッツ!!

参考リンク:デアゴスティーニ
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ