思わず許しちゃう!ミスしたときの効果的な対処法とは

愛カツ


仕事でミスをしてしまったときに、謝るのって緊張しますよね。

誰にでもミスはありえますが、人によってすぐ許されたり、ずっと怒られたり周りの反応が違うことも……。

そこで今回は、男性が思わず許してしまう、「ミスしたときの効果的な対処法」をご紹介します。

思わず許しちゃう!ミスしたときの効果的な対処法とは

■ 言い訳はしない

ミスをしたときの謝罪方法で一番大切なのが「言い訳をしないこと」!

これに尽きます。

言い訳をするということは、自分の非を認めていないということですよね。

もちろんそのときの状況によっては本当に本人がすべて悪いわけではない場合もあります。

が、あなたが報告や謝罪をする以上はまず、「自分が悪いと思っている」という気持ちを伝えるべきです。

そもそも本当にあなたが一切なにも悪くないとしたら、あなたが報告や謝罪をする必要なんてないのですから。

まずは誠意を見せることが大切で、そのときの細かい状況や事情はあとからでも伝える方法はいくらでもあるはずです。

■ 伝え方を大切に

なにかミスをしてしまったときになによりも大切なのは「伝え方」です。

これによって同じミスをしても、許されると許されないの差がハッキリと別れると言っても過言ではありません!

ミスをしてこっぴどく怒られる人は、ミスをした報告以外に余計な言い訳をしたり、人のせいにしようとしたり、ごまかそうとしたりと事実以外の余計な情報まで伝えようと必死になってしまいます。

そうすると誠実さがまったく伝わらなくなり、事態を悪化させてしまうんですよね。

■ 弱々しさをアピールする

弱々しさをアピールする

そして女性ならでは、というところでもう一つ。

「弱々しさを見せること」です。

許されにくい女性は強がりな人がとても多く、前述した「言い訳」もそうですが、いつの間にか話がヒートアップして言い合いになってしまったり、なぜか謝っている側だったはずなのに怒っている……なんてことになりがち。

こうなってしまったら許すもなにもありませんよね。

大切なのはその場の自分のプライドではなく、事態を丸く収め許してもらうことが結局のところあなたにとっての得になるのです。

弱々しく半泣きになりながら「ごめんなさい……」と伝えることで、男性側も「守ってあげたい!」という意識が働くはず。

もちろんこれですべてが解決するわけではありませんが、態度って大切ですよね。

■ 誠意をもって謝ることが大事

男性に限らず、人が人を許すときってきっと「誠意」が感じられるかどうかというところだと思います。

言葉で謝られても態度が悪かったりして誠意が感じられないとむしろイライラしてしまいますよね。

伝え方や態度で誠意を示すこと、そして少しだけ女性の武器も使うことできっとあなたも許してもらえる女性になるはずです。

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ