やってしまいがち!男性に煙たがられる、モテないLINEの特徴

愛カツ


気になる男性が相手だからこそ、変なことを言わないようにと意識したりまた緊張したりと、普段とは違ったLINEをしてしまいがちです。

でも気をつけてください。あなたが一生懸命になっている裏側で、男性は冷めたり面倒だと思っていたりする可能性があります。

そんなLINEをつづけると、男性から振り向いてもらえるどころか引かれてしまいかねません。

「男性に煙たがられる、モテないLINEの特徴」を参考に、自分のLINEをいま一度振り返ってみましょう。

やってしまいがち!男性に煙たがられる、モテないLINEの特徴

■ いつまでも、硬い文面のまま

「ずっと硬くて他人行儀な話し方をされたままだと、仲良くなることができないです。あまり好かれていないのかなって感じたりもしちゃいますね」(30歳男性/IT)

気になる男性とLINEをしているときには、「嫌われないようにしよう」とか「変なことを言わないようにしよう」といった気持ちがはたらく人は多いはず。

でもそういった思いが強くなると、どこか硬くてよそよそしい話し方になってしまいます。

それでは壁を感じさせることになるので、少しずつでいいので硬さを取っていきましょう。素の自分も出すようにしていくと、距離感はグッと縮まりますよ。

■ とにかく質問が多い

「怒涛の質問攻撃をしてくる子とは、あまりLINEをしたくないって思います。途中から答える気もなくなってきますね」(27歳男性/アパレル)

気になる男性とのLINEでは質問を加えて返信することで、会話がいつまでもつづけられるとよく言われています。

確かに相手に興味を示すことは大事。ですが必要以上に質問しすぎると、男性からは鬱陶しく思われるだけ。

本当に聞きたいことは聞くべきですが、ただ会話を長引かせるため何でも質問するのはやめましょう。

■ テンションが、自分と噛み合ってない

テンションが、自分と噛み合ってない

「仕事終わりの疲れているときに、ものすごくハイテンションのLINEが送られてくると、相手をしたくなくなる。もう少しこっちのことも考えてほしいですね」(33歳男性/不動産)

ハイテンションで一方的にノリノリに話されると、聞いているだけで疲れてしまうもの。

一方でこっちが楽しく話しているのに、相手があまり乗り気じゃない感じがすると、気分はどんどんと冷めていくでしょう。

お互いのテンションが何となく合っていないと、会話は盛り上がりにくいのです。

きちんと男性の返信を見ながら、ノリやテンポのバランスを取るようにすると、話しやすさを感じてもらえますよ。

■ やり取りを終えたい雰囲気に気づかない

「会話を終わりにしたい空気を出しているのに、いつまでも会話を終わらせてくれないのには本当に困る。バサッと切りたいけど、そういうわけにもいかないし……」(29歳男性/出版)

気になる男性とLINEをしているときには、いつまでも話していたい気持ちになるでしょう。

でもダラダラと長話をつづけると、男性は次第に苦痛に思い始めてしまいます。

重要なのは、切り上げるタイミング。男性の相づちが単調になったり「じゃあまた」とか「そろそろ」といった単語が出てきたりしたら、終わりたいサインでしょう。文面から彼の気持ちを読み取り、会話を自分から切り上げたほうがいいですよ。

■ 相手への思いやりを忘れないで

自分の気持ちばかりを優先させず、相手がどう思うか考えながらLINEをすることが大事です。

その思いやりを忘れなければ、男性もあなたに好感を抱いてくれるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ