GINZA SIXにフルーツ大福専門店「弁才天」がオープン

IGNITE


絶対はずさない手土産を探しているなら、見た目も美しいフルーツ大福がおすすめ。

2019年に一号店をオープンして以来、現在では全国に50以上の店舗を構えるフルーツ大福専門店の「弁才天」。今回はGINZA SIXに新店舗をオープンした。フルーツ大福を一つのアート作品と捉え、ゆったりとアートを鑑賞できるようなスペースを表現する。



■一つ一つ手包みの瑞々しいフルーツたちが主役の大福

令和元年十月十八日、名古屋覚王山という由緒ある土地に開店した「覚王山フルーツ大福 弁才天」。弁才天では、毎朝市場から直送される季節のフルーツを使用し、店頭では常時10種類以上のフルーツ大福が揃う。

商品の多くはフルーツをまるごと使用する。瑞々しいフルーツたちが主役の大福だ。

フルーツ本来の味を最大限に引き出すために薄餡と薄皮の黄金比にこだわり、素材の味を生かした甘さ控え目の白餡と、高級羽二重粉を使用した上品な求肥で、毎日一つ一つ手包みしている。



一番人気の大福は「無花果」。甘美な味わいと独特な食味は、多くの人から愛されている。



夏ー秋の販売/1,000円

「キウイ」は、爽快な甘酸っぱさが際立つ人気商品。ビタミンCを豊富に含んだ、身体にも美味しいフルーツだ。



通年販売/650円

■希少なフルーツを使用する限定商品も

今夏新作商品として「麒麟果(イエローピタヤ)」が登場した。ドラゴンフルーツの仲間で、コロンビア産のイエローピタヤを使用した、瑞々しさたっぷりのフルーツ。



950円

「太陽のタマゴ」は、宮崎県産の完熟マンゴー。その品質は最高峰と言われている。希少なだけではなく、高い糖度とキメ細かく、なめらかな味わいが特徴だ。



1,500円

今後も、6月9日より福岡の岩田屋福岡店、7月11日より日本橋コレド室町店など、新店舗が続々オープンする。

リモート勤務の息抜きにも最適なフルーツ大福で、贅沢な時間が過ごせそうだ。

覚王山フルーツ大福 弁才天 GINZA SIX店
東京都中央区銀座6丁目10−1 B2階
公式ウェブサイト:https://benzaiten-daifuku.jp/

※価格は全て税込
※価格はサイズや市況によって変動する

(Goto)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ