『全裸監督』新ヒロインの恒松祐里、レトロなラブホテルでセクシーな表情


女優・恒松祐里のファースト写真集『月刊 恒松祐里 優』が7月5日に発売される。

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督シーズン2』、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』などの話題作に出演している恒松。

この写真集は、長崎県五島列島・福江島と千葉のレトロラブホテルで撮影。長崎県五島列島・福江島は、恒松祐里が映画『くちびるに歌を』で約1カ月間過ごし、第2の故郷と呼んでいる場所だ。リラックスできる環境の中で、女優としてキャリアを見つめ直す旅のような撮影を敢行した。

一方、千葉のレトロラブホテルでは、『全裸監督』の時代設定と合わせて80年代後半~90年代前半の世界観でセクシーな大人の表情に挑戦している。自らの女優としての原点と未来に向かっての覚悟。様々な表情と感情の詰まった一冊が完成した。

恒松は「人生初の写真集。22歳のわたしの沢山の表情を詰め込んだ『恒松祐里の色見本』のような本が出来ました。サブタイトルの『優』には“やさしい”という意味と“演じる”という意味があるようです。五島列島では、しとやかさや、優しさを意識して。千葉のラブホテルでは過去にそこで生きていたかもしれない“誰か”を演じながら撮影しました。最初から最後まで一つとして同じ顔はないと思います。白から黒まで様々な表情を詰め込んだこの写真集を見て、皆さんの好きな私の“色”を見つけて頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ