嵐・櫻井翔、コンサートでの“カッコつけ”に持論展開

モデルプレス

【モデルプレス=2021/06/11】嵐の櫻井翔が、MCをつとめる10日放送のTBS系バラエティー番組『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜よる10時~)にて、”カッコつけること“について持論を語った。

◆櫻井翔、コンサートでの“カッコつけ”は「100%~120%でやっちゃう」



「ジェニーハイ」でバンド活動も行っているお笑いタレントの小籔千豊が「カッコつけるラインが難しい」という悩みを明かし、櫻井に「『なんで今こんな事してるの?』と思う時無いんかな?どういう心構えでやられてるのか?」と“カッコつけること”について質問。

すると櫻井は、「ファンの人と自分だけでしか成立しない空間じゃないですか。同じ事をこの場でやってくださいって言われたら恥ずかしいけど…。例えばコンサートで投げキッスして『キャー!』でその方程式が成立してる。でもそれって周りから見るともしかしたら滑稽に思う人もいるかもしれないし、だからその瞬間だけが超盲目的」とコンサートという特別な場で“カッコつけること”について持論を語った。

そして、「喜んでくれるなら、キャーって言ってくれるなら100%もしくはできれば120%やっちゃう」とコンサートでは全力でも、「終わってシラフになって『ちょっと恥ずかしい…』みたいなことの連続」と恥ずかしくなる瞬間があることを明かした。

◆櫻井翔、“カッコつけること”は「イジられるのコミコミ」



櫻井によると、そんな“カッコつけ”は「イジられるのコミコミ」だそうで、コンサートのコール&レスポンスで「調子はどうだ!」という決め台詞がある櫻井に対して、同番組では「櫻井がコンサートで調子を聞いた回数全何回」などとイジられることも苦笑いで明かした。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ