米津玄師「Pale Blue」、MVが公開から6日と1時間で1,000万回を突破

Billboard JAPAN



米津玄師「Pale Blue」のミュージック・ビデオの再生数が、公開から6日と1時間で1,000万回を突破した。

本楽曲は、TBS金曜ドラマ『リコカツ』の主題歌だ。5月31日より先行配信がスタートし、初週84,385DLを売り上げ、2021年6月9日公開のジャパン・チャートでダウンロード・ソング首位を獲得。6月12日付の米ビルボード・グローバル・チャートでも、“Global Excl. U.S.”(世界200以上の地域のダウンロードとストリーミング・データを集計したチャートのうち、米国のデータを除外したもの)で48位、“Global 200”(米国のデータを含むもの)で134位を獲得し、Billboard.comのニュース記事でも取り上げられるなど話題となっている。

本MVの監督は、「Lemon」「馬と鹿」「カムパネルラ」を手掛けた映像作家の山田智和。また、米津玄師プロデュースFoorin「パプリカ」の振り付けや、「紅白歌合戦」米津歌唱時のダンサーを務めた、菅原小春が出演し、すれ違いながらも、相手を思う気持ちを演じあげている。

◎リリース情報
シングル『Pale Blue』
2021/6/16 RELEASE
<パズル盤(パズル型ジャケット+CD)>
SECL-2670~71 / 2,000円(tax out)
<リボン盤(7inch紙ジャケ+CD+DVD)>
SECL-2672~73 / 1,800円(tax out)
<通常盤(CDのみ)>
SECL-2674 / 1,100円(tax out)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ