柏木由紀、ファンからAKB48への質問に回答 「一番多い質問が意外にも…」

しらべぇ




病気療養を発表したAKB48の柏木由紀が10日に公式ツイッターを更新。インスタグラムで募集したAKB48への質問にユーチューブチャンネルで答え元気な姿を見せた。

■一番多かった質問が脱毛に関して




柏木はインスタグラムで募集したAKB48についての質問が何千件もあったと明かす。一番多かった質問は「脱毛どうしているんですか」だったと言う。グループのオーディションやメンバー間の話かと予想していたが、意外だったと語る。

脱毛の質問は同性のファンが多い柏木らしい現象と思われる。答えは特にグループでの決まりはなく個々違っており、柏木は20歳位の時に脇のみえる衣装でのグラビアの仕事が多くなり、医療脱毛に通ったと答えた。

関連記事:柏木由紀、病気療養前に生放送に出演 心無いコメントに事情を説明

■『情熱大陸』で携帯を触っていたのは


次の質問は所属事務所の決まり方で、AKB48に所属してから決まるが、決まり方は個々それぞれで柏木は劇場公演に芸能事務所スタッフが見に来てパフォーマンスをみて決まったと初めて明かしたと語った。それ以来柏木は劇場公演を大事にしたいと思っていると告白する。

柏木はダンスの覚え方についての質問に携帯にメモすると答えた時、思い出したようで、昔番組『情熱大陸』(TBS系)で携帯を触っていたのが放映され「話を聞け」とSNSでコメントされたが、「立ち位置をメモしていた」と反論。

ノートではなく携帯にメモを取るのは、携帯だとマイク代わりにできるがノートは邪魔になるから、また携帯は寝る前まで見ているのですぐ見返せるからと答えた。

■「努力は報われる」は本当か


14年目のAKB48の自分の答えとして、AKB48により興味を持ってほしいと語った柏木。

AKB48初代総監督だった高橋みなみの言葉「努力は報われる」が本当かどうかの問いには、努力したことは自分のためになり努力なしに成しえたことはないので、報われているかはわからないが努力は当たり前だと思っているとまとめた。

先輩・後輩は年齢順か入った順かとの質問には入った順だが本人次第と答え、峯岸みなみは先輩だが年下で当初は敬語だったが、仲良くなったら敬語ではなくなったと明かし、仲の良さをうかがわせた。派閥があるかの問いにもないと答え、AKB48の魅力をさらにアピールしていた。

■ファンは更新に歓喜


この動画がいつ録画されたのか不明だが、終始いつもの明るい「ゆきりん」で元気な姿を見せていた。病気に関しても一切触れておらず病気判明以前に撮られた動画かもしれない。

ファンからは「更新ありがとう」「ゆきりんの元気な姿を見て安心した」「ゆきりんのやさしさが嬉しい」など柏木の体調を気遣いながらも更新に歓喜のコメントが上がっている。

・合わせて読みたい→柏木由紀、難病「脊髄空洞症」の疑いに現状報告 「少し首が痛いです」

(文/しらべぇ編集部・穂月心

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ