「女性なのに仕事ができるね」「男なのに育休取るの?」心をくじく言葉を集めた『#駄言辞典』!

Rooftop


main.jpg

株式会社 日経BPは、 2021年6月10日(木)に、 書籍『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(日経xwoman編)を発行。

本書は、 日本経済新聞社と日経BPの共同プロジェクト「日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト」の一環として、 日本社会の多様性を阻むステレオタイプの撲滅を目指し展開中の 「NIKKEI UNSTEREOTYPE ACTION」 の一つとして生まれたもの。

古いステレオタイプにより発せられる「人の心を傷つける言葉」 を 「駄言」 と名付け、 実際の発言を募集。 すると、 募集を開始したとたんに想像を超える数の駄言が寄せられた。 それらは多種多様で、 職場、 家庭、 仲間内など日常のあらゆるシーンに存在する。

「駄言」を生み出すのは、 育ってきた環境や教育などによって植えつけられたステレオタイプ。 どんな発言が「駄言」なのか。 発言の何が問題なのか。 世の中の常識や価値観が時代とともにどう変化しているのかを知ることで、 無意識の思い込みをなくし、 一人ひとりの自分らしさを尊重する社会に近づけていきたい。 『#駄言辞典』が必要なくなり、 絶版となる世の中にしたい。 そんな思いを込めてつくられた。

sub1.jpg

【駄言・だげん】 とは「女はビジネスに向かない」のような思い込みによる発言。 特に性別に基づくものが多い。 相手の能力や個性を考えないステレオタイプな発言 だが、 言った当人には悪気がないことも多い。

駄言やエピソードの投稿サイトは現在も公開中。 皆さんが言われた駄言や耳にした駄言を、 エピソードとともに、 ぜひご投稿ください。 ツイッターでも「#駄言辞典」を付けて投稿しよう。

掲載された「駄言」の一例をご紹介
●女性らしさ

「へェ…それ彼氏の影響?」 「就活は女性らしくスカートで」「女を捨ててる」「リケジョ」「女の子だからそんなに勉強頑張らなくてもいいよ」

●キャリア・仕事能力

「女の子いたら先方も喜ぶから」 「君は女の子なのに仕事ができるね」「女性から管理職出さないとなッ」「いざとなったら結婚すればいいもんね」

●生活能力・家事

「家事、 手伝うよ。 」 「専業主婦させてくれる旦那さんでよかったね」「誰のおかげで食えると思ってるんだ」「いいお嫁さんになるね」

●子育て

「そんなに働いて子どもがかわいそう」 「ママなのに育休取らないの?」「やっぱりママが一番だね」「母親なら手抜きするな」

●恋愛・結婚

「えっクリスマス一人って大丈夫?」 「女性は子どもを産んで一人前」「愛してたら改姓できるんじゃない?」

●男性らしさ

「え?男なのに育休取るの?」 「男なんだし残業くらいしろー」「女の子には頼みにくいからお前頼むよ」「主夫?働いてないの?」

sub2.jpgsub3.jpg
本書の内容

第1章 実際にあった「駄言」リスト

実際に集まった1200を超える駄言の中から、 特に多かったものを中心にカテゴリー別に分類。 聞いた・言われた人によるコメントと、 その発言が生まれてしまった背景についてイラストを交えて解説。

第2章 なぜ「駄言」が生まれるか

さまざまな分野・世代のキーパーソンに「駄言」はなぜ生まれるのかを聞いた。

・スプツニ子!さん

(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)

・出口治明さん(立命館アジア太平洋大学学長)

・及川美紀さん(ポーラ社長)

・杉山文野さん

(NPO法人東京レインボープライド共同代表理事)

・野田聖子さん(自由民主党幹事長代行)

・青野慶久さん(サイボウズ社長)

第3章 「駄言」にどう立ち向かえばいいのか

これまでの内容を俯瞰して、 私たちはこれからこうした「駄言」にどう立ち向かえばよいのかを考察。

sub4.jpgsub5.jpg

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ