書店員の胃袋をグッとつかんだ一冊! 『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』の感想を発売に先立ち大公開!

Rooftop


unnamed-1.jpg

2021年6月18日予定「ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ は、 不思議なネコに導かれて「究極のスパイスカレー」を作ろうと奮闘する5人の大人の青春物語。「味を想像してワクワク。 。 」「あーお腹すいた!」と書店員から届いた感想が公開された。

得意料理はスパイスカレー。 無職。 彼女にフラれたて。 そんな中途半端な僕・松本優人は、 ふしぎな「白いネコ」に導かれて、 10数年ぶりに幼なじみの中村太一に再会。 二人で、 昼間は営業していないバーの店舗を借りて、 半月に一度オープンする「間借りカレー店」を始めることに。

初回は大盛況だったものの、 集客もままならない素人によるその店の客足は次第に途絶えてしまう。 「今日が最後かな」そう思ったとき、 一人の女性が現れた。 彼女・成宮あおいは「自分は『カレー予備校』の生徒だ」と名乗り、 カレーを食べると「趣味でここまで作れるのは凄い」と僕らに言った。 「趣味ではなく、 本気でやりたい」カレーの世界の有名人がそろうその予備校に、 僕と中村は通うことになる。 自分たちの「本気」をつかみ取るために。 そして、 そこで出会った仲間たちと、 「究極のミールス」を作り上げるために――。

書店員の感想
仕事をやめた。 彼女と別れた。 生き方を模索中の主人公が迷い、 悩み、

失敗しながらも一生懸命に向き合ったのはスパイスカレー。

好きというところから始まるものはこんなにも人を成長させてくれるものなのか。

夢への情熱を燃やす姿はとても生き生きしていて、 読んでいるこちらの気持ちも前向きにさせてくれます。

個性的な登場人物がスパイスのように混ざりあうことで、

個々では出せない刺激的かつ味わい深いまさにスパイスカレーのような物語でした。

スパイスカレーのリアルな描写に、 味を想像してワクワク。 。 。 あーーーお腹すいた。

(未来屋書店 宇品店 山道ゆう子 様)

まず読後に思ったのは、 カレー食べたい!

これしかないです。

色々出てきて、 味を想像して、 こんなのかなぁ?と思いワクワクしながら読みました。

タイトルから、 ネコがどう絡むのかな?と不思議だったのですが、 読んで納得しました。

青春物語とありましたが、 私の中では成長物語 でした。 楽しかったです。

因みに、 翌日の晩御飯がカレーだったのは、 いうまでもありません。

(宮脇書店 境港店 林雅子 様)

後押しするのはスパイスの香りとネコキック(もどき?)?

会社を辞め彼女にフラれた松本は公園で少し不思議なネコと出会う。

そしてさらに小学時代の知人と再会し新たな扉が開かれていく……。

様々な刺激的な香りにあふれ、 空腹をさらに増すかのようです。

また個性的な仲間と出会い師ともいえる人物と出会い様々な刺激を受けながら

流されがちだった主人公が少しずつ主体性を持ち成長していく姿は、

さまざまなスパイスを加え出来上がるスパイスカレーと同じのようです。

番外編も付け合わせのようで味わいをプラスします。

元気な時、 落ち込んだ時、 楽しい時、 哀しい時とさまざまな時に読むと、

さまざまな読了感が得られるような「味変」ならぬ「読了変」も得られるような小説。

(明林堂書店 南宮崎店 河野邦広 様)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ