波瑠、女優を始めた頃の“葛藤”明かす「向かないことをしてた」「順応しなきゃと…」

E-TALENTBANK


6月9日に放送されたフジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』に、波瑠が出演した。

【関連】波瑠、“最近ドキドキした人物”明かす「ちょっとキュンと…」

波瑠は、小学生の時にいじめにあったとして、芸能界入りのきっかけについて、「学校が嫌すぎて、学校に行かない理由がなんでもいいから欲しくて、オーディション受けて、中学1年で事務所に入って。学校に行かなくて良い理由が出来るならなんでもよかった」「でも働けないから、13歳とかで、自分で本屋さんでオーディション情報誌を(手に)とって、その裏の履歴書にその場でぴーって書いて出してみたって感じ。恥ずかしい…」と笑いながら明かした。

また、女優の仕事に話が及ぶと、「でも、自分の意志じゃなかったんじゃないかな、最初は。事務所が持ってきた仕事とか持ってきたオーディションを受けに行くっていうのが当たり前だったので、その流れでというか」「たぶん、向かないことをしてたんですよ、すごい。お化粧をする、髪を巻くとか。でもそこに一生懸命順応しなきゃ順応しなきゃと思って、たぶん(現在まで)来ちゃってて」と語った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ