TENDRE、9月にメジャーファーストアルバム発売

SPICE


河原太朗によるソロ・プロジェクト・TENDRE(テンダー)が、『PIECE』One-Man Tour 2021の初日公演をUSEN STUDIO COASTにて行った。

先に予定されていた名古屋・大阪公演が残念ながら延期となった為、今回がメジャーデビュー後の初ワンマンとなる。またUSEN STUDIO COASTでワンマンライブを行うのは今回が初めて。

サポートメンバーはTENDREのライブではおなじみのAAAMYYY(Cho, Syn / Tempalay)、小西遼(Sax, Flu, Syn / CRCK/LCKS)、高木祥太(B / BREIMEN)、松浦大樹(Dr / She Her Her Hers)4名に加え、TENDREのメジャーデビュー曲「PIECE」のレコーディングや、YOUR SONG IS GOODやYogee New Wavesに参加している松井泉がパーカッションを奏でる。さらに、TENDREのライブ作品を数多く手がける佐藤大が映像ディレクションを、丸井通勢(michinari)が照明・VJを担当した。

TENDREがステージに登場すると、会場から大きな拍手で向かい入れられ、1曲目から「LIFE」で「楽しすぎて、テンションが分からなくなっちゃいそう」と語り、その後「JOKE」へと久々のワンマンライブを楽しむかのように、アグレッシブな楽曲でフロアの熱を上げていく。

最初のMCでは「PIECE One-Man Tourは、もともとは東京が千秋楽だったのが、初日になりました。今日は来てくれて本当にありがとうございます!」とツアーが幕を開けたことの喜びをあらわにした。

「SIGN」では、パーカッション松井泉とともに、軽快なリズムで、心地よく奏でるサウンドを響かせた。そして、ライブ中盤では4/7に配信されたメジャーデビュー曲「PIECE」を披露。伸びやかな歌声を響かせ、オーディエンスを魅了し、「たわいもない一日であっても、皆にとって良い日になればいいなと。そういう思いでやれて、それを見て貰えて、言いたいこといっぱいあるけど、全員が幸せになればいいなって思いで、これから大阪、名古屋をまわりたいし、真摯に皆さんに向き合っていきたいので、これからも宜しくお願いします。」と感謝の言葉を綴った。

ライブ終盤、今年1月に放送されたテレビ朝日系列「関ジャム 完全燃SHOW」で年間ベスト10に選出され、サウンドデザインのセンスやメロディーのキャッチーさが高く評価されたバラードナンバー「HOPE」を聴かせ、その後、TENDREのボーカルに、キーボードのソリッドな音色、リズム隊のタイトなグルーヴ、AAAMYYYの透き通るようなコーラスが重なり、力強いアンサンブルで、熱気を感じさせる演奏とともに本編が終了した。

鳴りやまないアンコール(拍手)の中、1人、ステージ横のバルコニーに戻ってきたTENDRE。スポットライトをあびながら、「すっごい、しっとりと歌うので」と語り、まだ音源化されていない楽曲で、お笑いトリオハナコが出演し話題となっている「Okuléte gommen(オクレテゴメン)」プロジェクトWEB CM曲「FLOWER」をキーボードで弾き語った。

そして、9月にメジャーファーストアルバムをリリースする事、6月10日(木)に新曲「PARADISE」を配信リリースすることを発表。

最後は、TENDREの伸びやかかつソウルフルな歌声と、サポートメンバーと織りなすダンサブルなグルーヴ、熱気あふれるオーディエンスが三位一体となり、ライブを締めくくるにふさわしい圧巻のパフォーマンスが届けられ、約2時間にわたるライブが幕を閉じた。

TENDREの「PIECE」One-Man Tour 2021は、6月22日(火)梅田クアトロ、7月6日(火)名古屋クアトロまで駆け抜けるが、そんな中、本日6月10日(木)に「PARADISE」配信スタート、そして待望のメジャーファーストアルバムが、9月にリリースされることを発表し、その歩みはさらに加速する。

併せて、TENDREのオフィシャルアプリ「TENDRE TIMES」もローンチされた。

TENDRE THE MOVIE / Episode1

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ