わかってるけどOK!男性が悶えた”あざと可愛い女性” #2「何度一緒に残業したか(笑)」

ウレぴあ総研

近年「あざと可愛い」という言葉を耳にすることが増えていますよね。

以前はあまり良いイメージのなかった「あざとい」という言葉に「可愛い」が合わさったことによって、褒め言葉としても使われており、モテ要素として認識されているんだそうです。

今回は、実際に男性たちに聞いた話をもとに、男性が悶えた「女性のあざと可愛い」エピソードについて、実録系式でご紹介します。

「職場で気になっている女性がいます。

基本的にはとても真面目で、依頼もきちんとこなしてくれる子なんですが、とにかく甘え上手で気遣い上手。

『〇〇さんにしかお願いできないんです…』という言葉に絆されて、何度一緒に残業したか(笑)

もちろんちゃんとお礼は言ってくれるし、一緒に残業する時は毎回コンビニでコーヒーや軽食を買ってきてくれる気遣いもあって。

こっちが少し無茶振りをした時は『じゃあ焼肉連れて行ってください!』と上目遣いで言ってくるし…可愛すぎませんか?

上目遣いになってるのは、こっちが立っていて彼女が座っているからだと思いますが、半分くらいは計算なんじゃないかな?とも思いますが(笑)

上目遣いはあざといし古い、とか言われることもあるみたいですけど、結局可愛いな、って思っちゃう男の方が多いと思います。

職場で俺以外にも彼女のことを気になってる奴は何人もいそうです(笑)」(33歳/営業)



男性は女性に頼りにされるとキュンとすることが多いんだそう。

ですので、『〇〇さんにしかお願いできない』『〇〇くんにしか頼れない』というような言葉は、男性にとってはキラーワードですよね。

こちらのエピソードの女性は、常に甘えているわけではなく、甘えた時にはきちんと気遣いもできる、さじ加減が絶妙なのではないでしょうか。

また、上目遣いはあざとさが透けて見える、という意見も最近耳にしますが、結局可愛いと思ってしまう、という男性の声も多数上がりました。

わざとらしさを感じると冷める、という声もありましたので、あくまでナチュラルな上目遣いが男性には受けるようです。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ