ディズニーミュージカル『アナと雪の女王』稽古場レポ! 圧巻の「ありのままで」に感動…【劇団四季】

ウレぴあ総研

劇団四季によるディズニーミュージカル『アナと雪の女王』の待望の日本初演が2021年6月24日(木)から、東京・竹芝エリアに誕生した新劇場「NOMURA 野村證券ミュージカルシアター JR東日本四季劇場[春]」のロングラン第一弾作品として開幕する。

2013年に公開され、世界的な大ヒットを記録したディズニーの劇場版長編アニメーション『アナと雪の女王』。

その名作アニメを舞台化した本作は、18年3月にブロードウェイで初演され、2020年に日本初演される予定だったが、コロナ禍であえなく開幕を延期。今回、満を持しての上演となる。

初日まで1カ月を切った5月某日。横浜市青葉区にある四季芸術センターで、出演候補者によるメディア向け公開稽古と合同取材会が行われた。

■岡本瑞恵、圧巻の表現力で「ありのままで」熱唱

演出アソシエートのエイドリアン・サープルが「Enjoy!」と声を掛け、公開稽古が始まった。

この日公開されたのは3曲。

1曲目は、アレンデールの王女アナが歌う「生まれて初めて」。眠っていたアナが、侍女に起こされて、急いでドレスを身につけ、これからの出会いに胸を膨らませる様子を歌う。

この日アナを演じた町島智子は、表情豊かに、とてもチャーミングなアナを演じていた。

続いては「サザンアイルズのハンス」~「危険な夢」。偶然出会ったアナとハンスが、ぎこちない会話ながらも、互いの出自と立場に共感して、心が惹かれ合っていくシーンから、エルサの戴冠式までを通す。

この日エルサを演じた岡本瑞恵は、凛とした表情がよく似合う。短いシーンながらも、孤独や女王としての矜持が十二分に感じられた。

一旦、エイドリアンらによるフィードバックの時間が設けられた。細かい振付の確認や、芝居の間合いなどを詰めていく。

間に通訳を挟みながら、カンパニー一同、真摯にその意見やアドバイスに耳を傾ける。

中でも印象的だったのが、俳優陣は言われたことをすぐに実践して見せること。何が最適解なのか、その場で探り、ともに創る姿を垣間見た。

そして、最後は「聞いたことのない曲だと思います」とエイドリアンが冗談を言うほどに、本作を代表するナンバーの「ありのままで」。エルサが魔法の力を解放し、ひとりで自由に生きていく決意を高らかに歌い上げる名曲だ。

本番では、さまざまな舞台効果が組み合わさって、よりゴージャスな場面になるのだろうが、公開稽古の段階で、岡本エルサはたったひとりで、素晴らしい歌唱を堂々と披露。

エイドリアンが「彼女には何も舞台効果は必要ない」と言うほどに、その熱量と表現力は圧巻だった。

「ありのままで」を歌い終わった岡本エルサのもとに、町島アナが駆け寄って、抱き合うシーンも。これまでの思いがこみ上げてきたのか、ふたりとも涙ぐんでいるように見えた。

筆者自身、これまでいくつもの演劇の稽古場を取材してきたが、ここまで稽古の段階で心を揺さぶられ、感動したのは初めての経験だった。本番がさらに待ち遠しくなった。

■今までの『アナ雪』のなかでも、最も美しい公演に

公開稽古終了後は合同取材会が行われた。その内容を一部紹介したい。

ーーきょうの公開稽古の感想をお願いします。

チャーリー・ウィリアムズ(振付アソシエート):僕たちすごくキャストのみんなを誇りに思っています。思っていたよりもずいぶん先まで来れましたし、四季のみなさまに支えていただいて、とても嬉しく思っております。

エイドリアン・サープル(演出アソシエート):僕自身もすごくカンパニーに大満足していますし、とてもスリリングな体験をしています。今はとにかく劇場にいくことをすごく楽しみにしています。

すでに僕たちの美術補佐の方が劇場に行っていて、本当に美しい素晴らしい劇場だとお伺いしています。今までの『アナと雪の女王』の公演のなかでも最も美しい公演になるのではないかと思います。

三井莉穂(エルサ役候補):きょうは見ていたんですけど、一緒にお稽古を一緒にさせていただいて、一緒に課題にも向かって、話してきての公開稽古だったので、やり遂げられるおふたりを見て、とても胸が熱くなりました。だからこそ私も頑張ろうと思ったし、いい作品にできたらなと思います。

岡本瑞恵(エルサ役候補):今までたくさんお稽古をしてきて、課題や壁になっていた部分がたくさんあったんですが、公開稽古の前にもエイドリアンさんに少しお稽古をしていただいて、大きく消化できた部分があって。あの瞬間は楽しむことができました。

エイドリアンさんが常に舞台の上では楽しむことを大切にということを仰ってくださっていたのですが、それが初めてちゃんと楽しいと思えた瞬間でした。今日感じた瞬間を大切にしながら、これから舞台稽古や本番に向けて、もっともっといいお稽古をしていけたらなと思います。

町島智子(アナ役候補):今日はとにかく楽しかったです。これからまた、舞台稽古で装置を見たり、全員が衣装を着たりするのを見たりすると思うんですけど、楽しみです。私も早く劇場に行きたいなと思います。毎回毎回自分の中で出てくるワクワクや喜びを、しっかり自分の中で確立していく作業を進めていきたいと思っています。

三平果歩(アナ役候補):今日見るのが本当に楽しみで。思っている以上に完璧にされたことに、すごい鳥肌が立ちました。すごく誇らしく思うし、いいな、楽しそうだなと思いました。

吉田智誉樹(劇団四季代表取締役社長):このような日本国内で感染が拡大して困難の中、海外からお越しくださったディズニーのクリエイティブメンバーのみなさまの素晴らしい仕事ぶりに感心しました。

みなさん、稽古場とホテルを往復するだけの困難の日々を過ごしていらっしゃるのに、こんなに明るく楽しい気持ちで、キャストの皆様に接してくださることに感謝しています。

また、ここにいる4人の王女がディズニーの人たちのよろしき指導を得て、しっかり仕事をしているなと思います。ただ、まだまだ途中地点ですので、最終地点を目指して頑張って欲しいなと思います。

■日本で『アナ雪』を上演させるということ

ーー日本で本作を上演させることにあたり、今、感じていることを教えてください。

エイドリアン:どの国でも初めて公演を開けるというのは、本当に光栄なことですし、喜ばしいことだと考えています。日本の観客の皆様は、観劇を楽しみにしてくださっている方が多いと思います。それ自体がモチベーションになりますし、ベストな作品をお届けしようという強い気持ちがわきます。

今回は新しい楽曲も追加され、台本の翻訳は高橋知伽江さんがしてくださって、日本のお客様に訴えるような形を目指しています。その過程は大変でもあるんですが、日本のチームのみなさまの努力は類稀なるものがあります。

世界中でこの作品を立ち上げてきたのですが、こんなに努力家の役者さんは見たことないです。これを日本のお客さんにお届けすることを楽しみにしています。

チャーリー:僕自身日本に来られて、嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。こうして素晴らしいキャストとご一緒できることを嬉しく思っています。

また、こうした世界の情勢があって、公演ができるのか、延期になってしまうのではないかという気持ちもあったんですけど、初めて来日することができて、本当に光栄に思っています。

僕自身、普段はマンハッタンに住んでいて、ブロードウェイの『アナと雪の女王』をやっている劇場から5ブロックほどのところに住んでいたんですけど、皆さんご存知の通り、ブロードウェイはほとんどクローズ状態です。

そんな中、2021年、こうして劇場で開幕に向かっていくような仕事ができるのは、本当に大きなギフトだなと感じています。

僕にとっては初めて外国語で作品を立ち上げているのですが、また新しい視野が広がったような気がします。何年もこの作品をエイドリアンと一緒に手掛けていますが、この作品がより深い作品、強いつながりが生まれたように思います。

※劇団四季では5月30日にチケットの一般発売を開始したが、初日の段階の記録としては、同劇団史上最高の総販売数23万9000枚を超えている。好評を受け、来年6月30日まで半年の公演延長が決まっている。

■ディズニーミュージカル 『アナと雪の女王』

2021年6月24日(木)開幕~2022年6月30日(木)

会場:東京・NOMURA野村證券ミュージカルシアター JR東日本四季劇場[春]

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ