バラエティー番組が声優だらけに…二枚舌のオタクたちが大歓喜!

まいじつ

バラエティー番組が声優だらけに…二枚舌のオタクたちが大歓喜! 
(C)Serhiy Kobyakov / Shutterstock 

『鬼滅の刃』の大ヒットにあやかり、声優たちを毎日のように出演させるようになった昨今のテレビ業界。これを象徴するような出来事が、6月7日に見られることとなった。

この日、フジテレビ系のゴールデンタイムは、21時台のドラマを除いて〝声優祭〟に。『ネプリーグ』には「超人気声優チーム」が参戦し、木村昴、石川界人、伊瀬茉莉也、梶裕貴がクイズに挑んでいった。続く番組『スカッとジャパン』にも、津田健次郎、浪川大輔、西山宏太朗、仲村宗悟と、4名もの男性声優が再現ドラマに出演している。

さらに、裏番組である『世界まる見え! テレビ特捜部』(日本テレビ系)も同様の様相を呈した。昨今の同番組は冒頭で述べたブームよろしく、VTRのナレーターに雨宮天、内田真礼、佐倉綾音といったアニメ声優を起用することが通常運転に。さらにさらに、この日はスタジオゲストにも声優の杉田智和が出演し、ビートたけし、所ジョージといった大御所と顔を並べてタレントのようにワイプリアクションを取ったのだ。

大興奮の礼賛から複雑な違和感まで様々な声が…


ゴールデンタイムの民放各局が、同時多発的に声優をバラエティー出演させたこの光景。昨年下半期以降吹き荒れる〝声優のバラエティー進出〟を、これ以上なく如実に表すものとなったのは言うまでもない。あまりに分かりやすかったためか、ネット上にも様々な反応が。

《今日、丸見えにネプリーグにスカッとジャパンの声優オンパレードだったね~!》
《近年の声優ばっか番組でてんの、まぁなんか、当人たちのノリがテレビ的じゃなくて違和感がすごい。うーん…》
《今日テレビに声優ばっかでてるじゃないか 何だこのカオス》
《ネプリーグに声優さんが出てその後にスカッとジャパンでも声優さんが出てるって… 本当にやばい… 丸見えにも杉田さん出てるし、今日のテレビめっちゃ声優さん出るやん!》
《餅は餅屋なんだから声優をテレビに出すなよ》
《タレントに声優やらせたらブチ切れるアニオタが声優のテレビ出演は興奮して喜んでんのマジ笑う》

など、賛否が見られている。

「声優がテレビに出演するのは、大昔から賛否の分かれているテーマです。ただ、局側が彼らを起用するのは、ギャラやSNSの反響といった戦略的な視点に基づけば仕方ない部分もある。問題なのは、タレントの声優起用を親の仇のごとく叩きまくるにもかかわらず、声優のテレビ出演は大興奮で視聴者側になる、都合のいい二枚舌の声優オタクですよ」(アニメ誌編集)

かつての声優ファンには、「声優としての矜持を持ち、表舞台には出ないでほしい」「声優なのに声以外の仕事をするのは逃げ」という保守的な層も一定数存在していた。二枚舌のオタクばかりな現状を、こうした保守派は嘆いていることだろう。

【画像】

Serhiy Kobyakov / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ