考察白熱…!『ONE PIECE』“ジョイボーイ”はルフィで確定か?カイドウの意味深発言に注目【第1014話の謎②】

numan


bv週刊少年ジャンプ26号に掲載された『ONE PIECE』第1014話“人生の大根役者”では、カイドウの意味深発言から“ジョイボーイ=ルフィ”説をめぐる考察が白熱! ルフィはやはり、“ジョイボーイ”なのか……!?
週刊少年ジャンプ26号に掲載された『ONE PIECE』第1014話“人生の大根役者”​ではルフィ​が海へ……。ルフィに続き、菊、カン十郎……と1コマも気の抜けない衝撃展開が続く中でモモの助が物語のキーパーソンである可能性が強まりました。

一方、カイドウからも意味深すぎるセリフが飛び出しました。その言葉は、が“ジョイボーイ”であることを示す、重要な伏線だった……!? 果たして、カイドウはどこまで知っているのでしょうか……!

※記事の性質上、本編の内容に触れています。『ONE PIECE Log Collection “...

『ONE PIECE Log Collection “ZOU"』画像

via 『ONE PIECE Log Collection “ZOU"』よりカイドウが知る“ジョイボーイになれなかった人物”とは…まず読者を驚かせたのは、冒頭にカイドウの口から飛び出した「お前も…“ジョイボーイ”には……なれなかったか……!!」との発言。

“ジョイボーイ”とは、空白の100年に実在した人物。魚人島との約束を守れなかったことを謝罪する旨をポーネグリフに残していること、“ジョイボーイ”に代わっていつかその約束を果たしにくる者が現れると伝えられていること、ラフテルに莫大な宝を残した張本人であることが判明しています。

が、“ジョイボーイ”が個人名なのか、何かの称号なのか、肩書きなのか、どんな人物だったのかなど、その詳細は謎に包まれています。作中でこれまで“ジョイボーイ”を知っていると確定していたのは魚人島のネプチューンやラフテルへ行ったロジャーのクルーたち、ロビンらとごく僅かでした。そんな中でその存在をカイドウも知っていたことはもちろん、「お前も」という言葉が強調されているところに読者は注目。

カイドウの含みのある言葉からは、ただ“ジョイボーイ”という単語を知っているだけでなく、“ジョイボーイ”にまつわる言い伝えを理解しており、現代にやってくるその日を待っているかのようにも受け取れます。さらに、かつて“ジョイボーイ”になろうと試みたができなかった人物がいたことを匂わせているようにも思えますよね。
全高約320mmで圧巻の大ボリューム!
#フィギュアーツZERO「超激戦-EXTRA BATTLE-」シリーズに #ワンピースから「百獣のカイドウ」が登場!
2021年6月3日(木)から一般販売店にて予約解禁予定 https://t.co/FYNpHg9tRd
#ONEPIECE pic.twitter.com/Ptcx7JrOhp
— ONE PIECE.com(ワンピース) (@OPcom_info) June 2, 2021また、ルフィとの戦闘中には誰かと重ねたかのように「窮地ほど笑い、笑うほど……笑う程に………!!……か」と言っていました。その人物が“ジョイボーイ”になれなかった誰かと同じだとすれば、「笑う」というキーワードから浮かんでくるのは“Dの一族”。

その人物に一番に当てはまりそうなのはやはり「世界の禁忌に触れすぎた」とされるカイドウのかつての船長、ロックス・D・ジーベックでしょうか。

世界政府が「世界の禁忌」としている大部分は「空白の100年」にまつわること。ロックスがその時代に生きた“ジョイボーイ”のことを知り得て、自分が代わって役割を果たそうとしていたとしても不思議ではありませんよね。

また、カイドウはルフィに突然、問題の「お前もジョイボーイになれなかった」発言をしているわけです。王=ジョイボーイの条件と共通する可能性もしかし、ルフィ自身は“海賊王”になるとは言えど“ジョイボーイ”になるとは一度も言ったことはありません。

対してロックスはルフィと似て非なる“世界の王”を目指していたようですが、二人が思い描く“王”の資格、資質やそこに至る過程、成し遂げてきたことの何らかに“ジョイボーイ”たる条件と共通するものがあるとも考えられますね。

カイドウいわくルフィは未だそこに及んでいないようですが……、それでも裏を返せば“ジョイボーイ”に近い・なることができる、ということなのでしょう。
ジャンプの『ONE PIECE』をチョイ見せ!第1015話https://t.co/dd9caCyBp0#ONEPIECE pic.twitter.com/EtZeDxbWXl
— ONE PIECE.com(ワンピース) (@OPcom_info) June 4, 2021そしてカイドウはこの時ルフィに対し、落胆するような、揶揄するような、絶妙なニュアンスで語りました。

カイドウもなんらかの理由で“ジョイボーイ”を待っていて、ルーキーでありながら世界最強生物の自身に何度も向かってくる実力を持つルフィこそがそうではないのかと期待していたのかもしれませんね。

だとすれば、かつてはおでんに対しても、“ジョイボーイ”の可能性を見ていたのかもしれない。はたまた、カイドウ自身が“ジョイボーイ”になり損ねた可能性もなきにしもあらず……。■『ONE PIECE』サンジとゾロとの関係に悶える…!「最高の双璧」「これも信頼の形」【第1012話】
https://numan.tokyo/anime/etRkz
■『ONE PIECE』ビッグ・マムに味方フラグ浮上!?まさかの発言に「見直した」「どの口が言ってるんだ(笑)」【第1011話】
https://numan.tokyo/anime/9QNTl
■『ONE PIECE』光月家は“Dの一族”の可能性が?裏付ける3つの理由とは…
https://numan.tokyo/anime/TNyp0

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ