【円満のコツ教えます】仲良し夫婦がやってる仲直り術4選

ハウコレ

仲良しな夫婦は喧嘩をしない?実は喧嘩をしないのではなく、仲直りの方法で愛を深めているのです。今回は仲良し夫婦が喧嘩してしまったときの仲直りテクニックを4つご紹介します。

■挨拶は欠かさない
どんなに喧嘩をしても「おはよう」や「いってらっしゃい」の挨拶は欠かさないのが仲良し夫婦の決まり。前日の喧嘩で気まずくても「おはよう」の一言がきっかけで「昨日はごめん」と謝ることができることも多いので、喧嘩を引きずってしまう夫婦は意識してみては?

■手紙や交換日記をする
謝ろうと思っても相手の顔を見ながらだとついつい感情的になってしまいますよね。そんなときは、手紙やノートに書いて冷静に相手に気持ちを伝えるのです。LINEやメールも残りますが、気持ちが伝わりにくく勘違いが起こり、またすれ違ってしまうということもあるのであまりよくありません。手紙には相手に対する不満だけではなく、愛しているからこそあなたに伝えたいという気持ちも記せば自然と仲直りができますよ。

■相手に無理矢理謝らせない
感情にまかせて「離婚する!」「別居する!」と言ったり「あなたも前にこういうことしたでしょ!」と過去の過ちを責めて相手を謝らせようとする行為はNGです。仲良し夫婦は自分から謝るきっかけをお互いに探しています。自分から謝罪し相手に気持ちを伝えることが大切です。

■男性ならプレゼント、女性なら手料理を振る舞う
仲良し夫婦は喧嘩したまま仕事に向かってしまったとしても、喧嘩を長引かせたくないと思っています。男性は女性の好きなお菓子を買ってくる、女性のは彼の大好物を作って待っている......など、仲良し夫婦は誠意を見せる方法を取ることもあります。一見喧嘩をしなさそうな仲良し夫婦でも、ちょっとしたことで喧嘩をすることはあります。しかし仲直りの方法がわかっているので夫婦円満でいられるのです。溝が深くなる前にあなたも仲直り術を試してみては?(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ