メンズスキンケアブランド「UL・OS(ウル・オス)」 全フェイスケアアイテムを徹底調査


男性の美意識も高まる中、注目を集めているメンズコスメ。最近ではドラッグストアでも、数々のブランドからスキンケアやメイクアップアイテムが登場しています。

今回は大塚製薬から発売されている男性スキンケアブランド「UL・OS(ウル・オス)」の中からフェイスケアに着目してアイテムを紹介していきます。
■「ウル・オス」とは

「ウル・オス」は、大塚製薬から発売されている、ミドルエイジ男性向けのトータルスキンケアブランドです。肌へのダメージの原因となる汚れ、乾燥、紫外線に着目し「洗う」「うるおす」「高める」「守る」のサイクルで、頭から足の先までのケアができるアイテムが展開されています。
■「ウル・オス」のポイント

製薬会社ならではの視点と技術から、皮膚の健康をテーマに独自の研究を積み重ねて生まれたブランド。“AMP”という成分がスキンケア製品には含まれており、肌にうるおいを与えるとともに、キメを整えて肌荒れを防ぎ、肌を健やかに保ちます。顔だけでなく身体にも使えるアイテムが揃っているので、1本で全身をケアすることが可能です。
■「ウル・オス」商品ラインナップ

保湿・洗浄・紫外線対策の3つのスキンケアを軸に男性の肌をサポートするウル・オス。
実際にアイテムを紹介していきます。
<洗顔料>「ウル・オス フェイスウォッシュfor スキンケア」

肌を傷つけず、やさしく超濃密泡で洗う、スキンケアのための洗顔料。
エアゾールタイプなので泡立てる手間要らず。
シェービングにも使えるので、朝時間のない人におすすめの洗顔です。
<スキンケア(薬用ローション)>「ウル・オス 薬用スキンブリージーローション」

保湿ケア・テカリ予防も叶え、心地よい清涼感で肌をさっぱり整えます。肌にうるおいを与えるとともに、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。
<スキンケア(ローション)>「ウル・オス スキンローション」

しっかり保湿する顔から身体全体にかけて手軽に塗りやすいローションタイプ。
さっぱりした使用感なので脂性肌の人におすすめです。

<スキンケア(乳液)>「ウル・オス スキンミルク」

かさつき気味の肌へスーッとなじむミルクタイプ。ベタつかず伸びがよく、しっとりと保湿してくれます。
<スキンケア(保湿ジェル)>「ウル・オス スキンジェルクリーム」

高保湿の濃厚なジェルクリーム。特に乾燥が気になる方におすすめです。ワンプッシュで適量が出るので、スキンケア初心者にも使用しやすく、シェービング後にも使用できます。
<シミケア>「ウル・オス 薬用スキンホワイトニング」

手軽にシミ・そばかすをピンポイントにケアできるペンタイプ。狙ったスポットだけを手軽に効率よくケアできます。
<U Vケア>「ウル・オス プラス日やけ止め」

全身に使え、汗や水に強いオイルベースにもかかわらず、専用の洗顔料不要と手間要らずの日やけ止め。肌にスーッと心地よく伸び、肌の水分環境を整えながら、日やけによるシミやそばかすを防ぎます。
<その他>「ウル・オス 大人のシート」

使いやすい大判シートで、顔も身体も1枚でスッキリとさらさらに。肌を潤しながら、汗と汚れ・皮脂・ニオイを落とし、肌を清潔にします。

ウル・オスの商品は通信販売(自社サイト、一部総合通販サイト)、および全国の薬局・ドラッグストアなどで取り扱い中。

いまやビジネスマンにとって、健康的な肌は身だしなみの大きなポイント。ミドルエイジの方にはもちろん、最小限のアイテムでスキンケアを効率的に時短で終わらせたい方にもおすすめです。気になる人はまずはスキンケアから使ってみては?

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ