パンサー尾形、ドッキリで妻の不倫匂わされ一般人に尋問 「本人ですから」

fumumu


パンサー尾形

9日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ系)では「隣のヤツがとんでもないゴシップ話してたら仕事そっちのけで釘付けになっちゃう説第2弾」を実施。

TBS内の喫茶店で仕事の呼び出しがある中、どれだけの時間うわさ話に釘付けになるかを検証します。

その中で、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さんが、妻の不倫を匂わされ予想外の事態を引き起こしました。

■”異常な嫉妬”をする夫婦関係


最後のターゲットとして現れた尾形さん。別室では、メンバーの向井慧さん・菅良太郎さんが隠しカメラを通して様子を見守ります。

向井さんいわく、尾形さんは妻に対し「異常な嫉妬とかがやっぱある」とのことで、「(妻の不倫や浮気ネタなら)絶対に釘付けになると思いますけど…」と分析。

喫茶店では、尾形さんの後ろに座る女性2人の仕掛人が「タレントさんの奥さんの不倫」とうわさを開始。尾形さんが会話を気にし始めたところで、マネージャーから呼び出し電話がかかり、釘付け時間のカウントがスタート。

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■電話も無視


仕掛人から「30代後半」「前はアパレル関係」と自身の妻と一致する情報が飛び出す中、不倫相手は”自宅ロケで知り合ったディレクター”という話まで。

腕を組み眉間にしわをよせる尾形さんに、別室の向井さんも「正直もうたぶん、ほぼ(自分の妻のことだと)確信してると思いますよ」と推測。

さらに、もう片方の仕掛人が不倫妻の夫を「あばれる君とか?」「ジャンポケの斉藤さんとか」「出川さん」などと予想するなか、マネージャーが催促の電話をかけますが、それどころじゃない尾形さんは応答もせず電源をオフに。別室のふたりも「ウソでしょ」と驚きます。

■仕掛人に直接尋問


自分の名前は出ないものの、ほぼ確信の生殺し状態で6分ほど経ったころ、仕掛人は「旦那さんの、その芸人さんの束縛がスゴかったらしくて…」「それで何か遊びたくなっちゃったみたいな」と不倫の理由も投下。

すると、もはや我慢できない尾形さんは驚きの行動に。会話する仕掛人に「すみません、それ僕ですか?」と直接話かけます。

想定外の事態に別室の2人も爆笑。仕掛人も戸惑いながら「え?」「いやいやいや」と否定しますが、尾形さんは落ち着かない様子で「それは何で…」「ディレクターとしてんすか?」「誰に聞いたんすか? それ」「ホントすか?」などと詰め寄りました。

■仕掛人を追いかける


そこで、菅さんが仕掛人に「打ち合わせあるので」と言うよう指示。しかし尾形さんはなおも「待ってください」「教えてください、俺本人ですから」など尋問。ついには、喫茶店を出る仕掛人を「俺無理っすわ」と追いかけていく始末。

喫茶店の出口で、ネタばらしのため駆けつけたメンバーを見た尾形さんはドッキリを察したようで、「最悪だこのやり方」「俺もう…心臓触ってみる?」と憔悴。「(ドッキリで)よかったわホントに」と崩れ落ちました。

結果、検証での釘付け時間は見事1位になったものの、向井さんからは「(電話を無視せず)打ち合わせは行ったほうがいいすよ」と注意を受けることとなりました。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ