吉岡里帆 猫になって初挑戦の“胸キュン”動画 TOKIO松岡「なかなかの小悪魔」

 女優の吉岡里帆(28)が9日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)にゲストとして出演。初挑戦のTikTok(ティックトック)の動画に、「TOKIO」の松岡昌宏(44)が「なかなかの小悪魔」とツッコミを入れる場面があった。

 以前の同番組で、女優の大地真央(65)が挑戦したTikTokについて話が及ぶ中、「TOKIO」の城島茂(50)や“エンジェルちゃん”として登場したお笑いトリオ「森三中」の大島美幸(41)に続いて、吉岡も全力で“胸キュン”動画の撮影に挑んだ。

 「難しそう」とやや緊張気味の表情を浮かべつつも、猫のフィルターを選び、いざ撮影となると「もう1回」「音合わせたいですね」とノリノリ。あざとさ全開の動画で、初めてとは思えない仕上がりに、国分太一(46)は「うわ、かわいい。これはすごいわ」と絶賛。吉岡は「微妙にズレてるんですよね。こういうのダメですよね、完璧にやりたいって気持ちになる」と半生の弁を述べるも、松岡は「なかなかの小悪魔ですよ」と感心しきりだった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ