iOS 15では「探す」がパワーアップ 電源オフやリセットされたiPhoneも探せます

Image: 9to5Mac

すごいぞ、iOS 15

iOS 15の隠れた実力がまた一つ。たとえiPhoneが電源オフだろうとリセットされていようと、「探す」でその位置情報の検索が可能です。

iOS 15をインストールしたiPhoneは、電源オフ状態でも完全に電源が切れず、AirTagのように低電力状態で動作します。近くの誰かのiOSデバイスがそのBluetooth信号を検知すれば、位置情報を確認することができるのです。

さらにApple(アップル)によると、アクティベーションロックを有効にしてiPhoneをリセット(「探す」機能をオフにせずにリセット)したとしても、位置情報の追跡は可能とのこと。たとえばiPhoneが盗まれてリセットされたとしても、iPhoneの位置を見失うことはなさそうです。なお、盗難にあったら自分で取り返しに行くのではなく、警察に相談しましょう。

電源を切った際に省電力モードで動作させたくない場合は、設定の省電力の項目から「探す」の設定を変更することが可能です。「探す」がまた一つ、頼もしくなりましたね。

Source: 9to5Mac

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ