いつ変えよう!年上の彼氏に対して【敬語を辞める】きっかけって?

ハウコレ

会社の先輩と付き合った場合など、付き合ってからも敬語で話し続けているということもありますよね。相手の呼び方を変えるのと同じくらい、話し方を変えるのもタイミングが難しいです。

そろそろ敬語を辞めて普通に話したいと感じている女性もいるでしょう。そこで、年上の彼氏に対して敬語を辞めるきっかけについて紹介します。彼氏が何も言ってこないのであれば、自分からアクションを起こしましょう。

■素直に聞いてみる
あなたが敬語で話すことが当たり前になっていて、彼氏は何も気付いていない可能性があります。そろそろため口で話したいというのであれば、「敬語をやめていいですか?」と聞いてみましょう。

素直にどうしたいか言うことで、彼氏も返答しやすくなります。ため口が嫌だと言ってくる彼氏はまずいないでしょう。少し照れながらため口で話す姿を見て彼もときめくことでしょう。

■どちらがいいか聞いてみる
ため口で話していいよと言ってこない彼氏の場合、もしかしたら彼は敬語で話す女性が好きな可能性もあります。そこで、「敬語とため口どちらがいいですか?」と彼の要望を聞いてみましょう。

彼が敬語がいいというのであれば、諦めて敬語のままでいましょう。もしくは、少し崩した感じの敬語で話すようにするとよいです。ため口でいいと言われたら、さっそくため口で話しちゃいましょう。

■言い切る
「今日からため口で話す」と言い切って強硬手段でため口にするのもよいでしょう。敬語だと距離を感じるから嫌だと言えば、彼も納得してくれることでしょう。

敬語がダメなわけではありませんが、ため口の方が仲が良い感じがします。もし彼が何か言ってきたら、そういった理由を用意しておいて、彼を納得させましょう。

■ゲームをする
ため口に慣れるために、一定時間はため口で話すと言ったゲームをするとよいでしょう。代わりに彼氏には同じ時間敬語で話してもらいましょう。

ゲーム感覚で会話をすることにより、楽しんでため口になれることができます。ゲームが終わった後もそのままため口を続けるのもよいでしょう。

■恥ずかしいのは最初だけ!
ため口に慣れていないと、恥ずかしい気持ちになることもあるでしょう。しかし、恥ずかしいのは最初だけです。だんだんと慣れてきますよ。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ