「こんなヤツとは一緒に働きたくない!」職場にいるドン引き男性 3選

yummy!


「こんなヤツとは一緒に働きたくない!」職場にいるドン引き男性 3選

同じ職場に気が合わない男性がいると、気が重いし業務もうまくいかないし、大変な思いをすることもあります。
同性ではないだけに気軽に接することもできないこんな男性は、そもそも自分が嫌われている事実にも気が付かないものです。
女性が「一緒に働きたくない!」とドン引きした男性について、ご紹介します。

目次

突然の自慢話


職場にいるドン引き男性で思い出すのが、月曜日になると週末のリア充ぶりをアピールしてくる先輩

「『高級イタリアンを彼女と食べてきた』『あの会社(有名企業)の人に誘われてゴルフに行ってきた』など、誰も聞いていないのに勝手にしゃべっている姿が本当に苦痛です。話しはじめたら誰かが相づちを打ってくれるだろうと思うのか、いきなり大声を出すのも腹が立つけど、注意しようとする人はいないんですよね。みんな関わりたくないと思っているのがよくわかります」(26歳/総務)
「誰も返事をしない時点で気づけよと思う」とこちらの女性は話していましたが、自慢したい人は口にすることがそもそもの目的なので、“オーディエンス”には無頓着な面も持っています。
毎週こんな時間が必ずあると思うと、出社するのも気が滅入りますね……。

年下の女性には態度が違う


自分や他の同期には普通に話すのに、新入社員や年下の女性が部署に来ると途端に口調が変わる同期の男性
「『君はいつもよく頑張っているよね』とか、私たちには絶対使わない声色で話しかけるのを聞いていると、キモいと思うしドン引きです。それに引きつった笑顔で応える女性を見るのもつらいですが、自分では『イケてる先輩』と思い込んでいるようで本当にきついです」(32歳/営業)
人によって態度を変える、特に自分より弱い立場の異性には特別優しくするような人は、いずれその化けの皮が剥がれます。
いい人を気取っても中身がなければ印象はマイナスになる一方ですが、そこには目を向けないのがこんな人の特徴。
いつか痛い目にあうので、静観しているのがベターです。

自分のミスを他人のせいにする


電話対応のミスを後輩に押し付けたドン引き男性
「『あいつがちゃんと聞いていないから……』って真っ赤な顔で弁解するのを、『電話で確認しなかったのはアナタですよね?』と上司が冷静にツッコむのがおかしかったです。おろおろする後輩もかわいそうだったし、結局ひとことの謝罪もなく終わったのもモヤモヤするし、こんな人と一緒に働くのは本当に嫌だなと思いましたね」(28歳/企画)
自分の失態を他人に押し付けても、誰かが見ていればこうやって恥をかきます。それを考えず、自分のことしか見ていないのがドン引きされる理由です。
また、謝罪しないのも幼稚な人間性の表れですが、みずから評価を落とすことに気が付かないのがつらいですね。

さいごに


ある意味逃げ場がないといえる職場では、こんなドン引きする男性がいるとストレスばかり感じます。
ですが、非常識な振る舞いはいつまでも続かないのが現実であり、関わらずにいることが最善。「人の振り見て我が振り直せ」の言葉の通り、自分はこうはならないという戒めにするのもありだと思います。
(ひろた かおり/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ