いざというときに迷わない! 「自分で決める力」を養う方法

fumumu

選択(Zbynek Pospisil/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
なにかを決めなくてはいけないときに、「どうしよう…」と毎回迷って決断できない。そんな悩みを抱えている人も多いようです。

いざというときにバシッと決断するためには、なにを意識すればいいのでしょうか? 決断力を養う方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)気持ちを確認する


「自分の気持ちがわかっていないと、なにを軸に決めたらいいのか迷ってしまうと思います。自分がどうしたいのかって、改めて考えないとわからないことも多いから。

周りの意見とか、世間体とかで、自分の意志を見失ってしまう場合もありますよね。自分はどうしたい? どうなったら納得できる? と日常的に考える癖をつけると、いざというときも自分の本心に気付きやすくなると思います」(20代・女性)

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

(2)「~べき」は控えめ


「決断を迷ったときは、最終的には直感を信じて決めるようにしています。自分はこうしたいかも! と思ったものを素直に選ぶと、どんな結果になっても後悔が少ないから。

反対に、『普通はこうだから…』『こうするべきだと思うから…』と常識や他人の価値観に合わせて決めてしまうと、納得できない結果になったときにすごく悔やんでしまうんです。本当はあっちがいいと思っていたのに、自分で決めればよかった! って。

『こうするべき、こんな風に考えるべき…』と考えすぎると、自分の気持ちを無視してしまうと思います」(20代・女性)

(3)時間をかけすぎない


「迷い続けていい答えにたどり着いたことがないので、最近は、迷ったときほど時間や期間を区切ってパッと答えを出すようにしています。

ここまでに決める! と答えを出すまでのタイムリミットを作るんです。たくさん考えたとしても、考えるための材料が増えていないなら、出てくる答えは変わらない気がするんですよ。

考えすぎて、自分がどうしたいのかわからなくなることもあったので…。思考の迷路に入る前に結論を出したほうが、スムーズに行動できるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

自分の本心を無視してばかりだと、いざ「どうしたい?」と聞かれても、答えを見つけられないかもしれません。

まずはひとりで過ごす時間の中で、「私はどうしたいかな?」と考える習慣を作ってみてくださいね。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ