結木滉星、目標は大河ドラマ主演「ポジティブに考えて楽しむこと」


俳優の結木滉星が、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『#コールドゲーム』(毎週土曜23:40~)の見どころなどを語った。

――「二面性の強い役柄、影のある役」と大輝についてコメントされていましたが、実際に演じてみて、どのような感想を持たれましたか?

結構サイコパスだなと感じる部分があって、少し怖いと思っています。大輝は今の生きがいが、ある人物に対する復讐だけなので、まず、その部分の心情を固めていく作業から始めました。

―― 一方で、避難所の女性からの人気はダントツで、猛烈にアプローチを受けますよね。妹の陽菜には、頭をポンポンとするイケメンな一面も。

頭ポンポンなんて、プライベートは絶対やらないです(笑)。僕の中で大輝は結構カムフラージュというか、あえてそうやっている風に思えていて、モテる大輝を演じているに近い感じだと思っています。

――物語の設定はとても奇想天外ですが、台本の面白さをどのようなところに感じましたか?

やっぱり一番のテーマは、「生きる」ということだと思うんです。生きてさえいれば、今が辛くても、今後はどうなるか分からないから頑張ろうという、メッセージ性が強い台本だと思いました。

――木村家について。祥子とは母親というより、同志のような感覚が強いのでしょうか?

祥子さんについては、お母さんというより相棒のように接しているので、母親という感覚とは違います。大輝は「目的のためであれば」という冷酷な一面もありますが、結構、思いやりのある人間だとも思います。

――思いやりの部分は、妹の陽菜に向けられているように見えます。

陽菜に関しては台本を読んでいくと、恋人のことを重ねて思っている部分があるような気がします。陽菜は生きる目的を見つけていない子で、大輝は元の世界で大切な人を亡くしている身なので、重なる部分はあると思います。

――木村家の皆さんとの撮影エピソードはありますか?

家族のシーンで、隆さんの表情や雰囲気がツボにハマってしまって、撮影がちょっと中断するぐらい笑ってしまったことがありました。隆さんは基本面白い人なので、ちょくちょく笑ってしまいそうなシーンが多そうですが、そこは今後も気をつけようと思っています(笑)

――たしかにやすさんの「味」みたいなものが、隆さんからすでに醸し出されている様子です。

そうなんです。やすさんが隆役にハマりすぎていて、カメラが回っていない時でも、隆さんにしか見えなくて(笑)。

――陽菜役の久間田さんとも、仲良さげな雰囲気を感じます。

撮影合間によく話しています。「どこで服買ったりしているの?」とか、たわいもない会話が多いですけれどもね。

――とても雰囲気のいい撮影現場ですが、どのように過ごされていますか?

学校がロケ地なので、校庭を散歩して外の空気を吸ってリフレッシュしています。今はとてもいい陽気なので、長い休憩の時は木村家で寝ています(笑)。木村家の4人でいる時は、羽田さんが心理テストをやってくれて、「好きな動物をまず言ってみて?」とか。そういうことをしながらみんなで楽しんでいます。

――撮影現場のメイク室に、結木さんのカレンダーが飾られていますね。

羽田さんに僕のカレンダーをプレゼントしたとき、「これいいね、貼ろう!」って、メイク室に飾ってくださったのはとても嬉しかったんですが、羽田さんだけが使う空間ならまだしも、みんなが行き来する部屋なので、少し恥ずかしいですね(笑)。

――羽田さんが、結木さんのカレンダーと同じポーズをして、写真を撮っているのを偶然発見したのですが(笑)

本当ですか?それ、面白いです(笑)。羽田さんのおかげでいつも現場が明るくなりますし、とても気遣いをされる方だと思います。スタッフさん含め、どんな人にも平等に接していらっしゃって、本当に僕も見習うべき方だと思っています。

――ドラマの中で、隆はとっさにジャガイモを持って避難しました。こんな極限状態が訪れ、結木さんならどういう行動を取ると思いますか?

まずは家族を避難させること、母親をおぶっていきます。絶対、家族だと思うんですよね、そういう状況になった場合は。

――生き抜くために必要な、結木さんにとっての生きるエネルギーは?

人です。家族と親友が僕の中では一番大事で、高校の友だちと今でも連絡を取っていてよく遊んでいます。たわいもない話ばかりですが、親友と話している時が一番エネルギーをチャージできていると思います。

――将来の目標、将来の自分像などをお聞かせいただけますか?

目標は、大河ドラマの主演です。ただ、その時、その時が幸せならそれが一番いいかもしれません。自分からポジティブに考えて楽しむことが、いい将来にもつながると思いますし、仕事でもプライベートでも楽しむことを意識しています。

――現場でもそうですか?

なるべく話せるときは、皆さんと話します。スタッフさんを含め、コミュニケーションを取って、やっぱり仕事が楽しいと思えたほうが気持ちもあがりますしね。

――挿入歌でもある、神はサイコロを振らない『徒夢の中で(あだゆめのなかで)』は、大輝のために作った曲だと伺いました。感想はいかがでしょうか?

めちゃめちゃ聞かせていただいています。今後放送される、元の世界での恋人とのシーンはとても大切にしたいと思っているので、『徒夢の中で(あだゆめのなかで)』を聞くととても気持ちが入ります。どちらかというと僕は今までメロディー主体で曲を聞くタイプでしたが、『徒夢の中で(あだゆめのなかで)』の歌詞を見て、本当に大輝の心情を考えて、大切に作ってくださったんだなというのが伝わってきました。そういう思いもしっかり受け継いでお芝居したいと思います。

――視聴者の皆様にメッセージをお願いします。

今回のドラマは「生きる」ということがテーマにもなっていて、僕らのお芝居や感情が少しでも観てくださっている方々に届いて、何かひとつでも心が動いてくれたら、僕らもこの仕事をやっていてよかったと思えるので、ぜひ、観ていただきたいです。また、僕自身が復讐に燃えるような役が初めてで、そこは新たな結木滉星の一面として、僕を前から知ってくださっている方も、これをきっかけで知ってくださった方も、「いい役者だな」と思ってもらえるように頑張りたいと思います。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ