加山雄三が聖火ランナー辞退「世界の状況を見たとき、手放しに開催を喜ぶことができない」

 神奈川県は9日、歌手で俳優の加山雄三(84)が、東京五輪の聖火リレーのランナーを辞退したと発表した。

 「世界の状況を見たとき、手放しに開催を喜ぶことができない」と、県を通じてコメントした。県によると、8日に事務所から連絡があった。コメントで東京五輪について「心から応援し、盛り上げたい気持ちでいっぱいでした」としながら、「勇気を持って辞退いたします」とつづった。

 新型コロナの感染状況が念頭にあるとみられる。28日に藤沢市内を走る予定だった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ