『恋はDeepに』最終話の空白の3年間を描くストーリー…次週放送


9日に最終話を迎えた日本テレビ系ドラマ『恋はDeepに』のスペシャルストーリー『恋はもっとDeepに ―運命の再会スペシャル―』が、次週16日(22:00~)に放送される。

海を愛する海洋学者として地上で暮らす「人魚」の渚海音(石原さとみ)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)によるラブストーリーの同作。最終話で、2人は永遠の愛を誓い、海音は海へと帰っていった。そして3年後、海音と別れた星ヶ浜で、ペンション「marine sound」を経営していた倫太郎の前に海音が現れるという劇的な“再会”で幕を閉じた。

今回描かれるのは、その再会までの3年間。2人の別れから再会を果たすまでの空白の期間、倫太郎は何を思い、どんな日々を過ごしていたのか。鴨居研究室や蓮田トラストのメンバーには、どんな出来事が起きていたのか。海音がビデオレターに残した“伝えたかったこと”とは…。

総集編のような形ではなく、新撮がふんだんに盛り込まれたストーリーとなっている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ