「そうだったんだ...」仲良しカップルが実践する【長続きの心得】4選

ハウコレ



いつまでも仲のいいカップルって見ていて微笑ましく「自分もあんなふうになりたい」と思わせる憧れの対象ですよね。仲の良さを維持するカップルにはどんな特徴があるのでしょうか?そこで今回は、仲良しカップルが実践している長続きの心得をご紹介します。

■無理に相手に合わせない
相手に合わせて仲良くするやり方は、我慢が重なることで無理が出てくるかもしれません。仲良しカップルは、相手に好かれたいからと無理に自分を合わせることはしません。率直に意見を言い合える信頼関係を築いているので、ストレスを溜めず、お互いが一緒にいて楽な存在になのです。

■相手に期待しすぎない
仲良しカップルは、相手に過度に期待しないように心がけています。多くの怒りや不満は、自分の期待が裏切られることで生まれるもの。期待が大きいほど、自分の思い通りにならなかったときの裏切られた気持ちも大きくなりますよね。はじめから相手に期待していなければ、イライラすることもなくなり喧嘩も起きず、いつまでも仲良くできるです。

■感謝の気持ちを忘れない
仲良しカップルは、日頃から相手にこまめに感謝の気持ちを伝えるようにしています。付き合いが長くなり相手に慣れてしまうと、多かれ少なかれ「してもらって当たり前」という気持ちが生まれてしまいます。それでも相手を思いやって、きちんと感謝を伝えられれば、きっと関係は長続きするはずです。

■一人の時間持つ
どんなに愛し合っていても、一人の時間は必要です。一緒にいる時間が長くなるほど、相手への依存度が高まる危険性があるからです。その点、仲良しカップルは一人の時間も楽しむように心がけています。会えない時間があるからこそ、いつまでも新鮮な気持ちで相手に向き合うことができるのです。

仲良しカップルになるには、相手も自分も同じように大切にする気持ちが必要なのかもしれません。お互い無理なくいられる関係性が、長続きの秘訣なのです。これらの心得を参考にすれば、きっと彼とあなたも周りが羨む仲良しカップルになれるはずです。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ