遊園地で老人が罵られ、大変な目にあう ロメロ幻の未発表映画が日本初公開

 ゾンビ映画の第一人者でホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が、半世紀を経て10月15日より新宿シネマカリテほかにて日本初公開となることが決定。併せてキービジュアル、メインカットが解禁された。

1978年に映画『ゾンビ』を発表し、全世界を恐怖のどん底へ叩き落し、以降の“ゾンビ映画”というジャンルを確立した故ジョージ・A・ロメロ監督(2017年他界)。幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が発見されたのは3年前。今回4Kレストアが行われ、日本初公開される。

本作は、もともとは年齢差別や高齢者虐待について世間の認識を高めるために、ルーテル教会がロメロに依頼した企画だった。しかし、出来上がった作品には老人の悲惨な状況が容赦なく映されており、そのあまりにもストレートに当時の米国社会を描いた内容に、依頼者はおののき、未発表のまま封印されていた。ロメロがある意味での教育映画を撮っていたという希少性に加え、ホラー映画ではないがロメロの視点で現実を映し出した貴重な作品といえる。

本作の日本公開にあたり、同監督の1973年作品『ザ・クレイジーズ』と1977年作品『マーティン/呪われた吸血少年』も同時公開される。

『ザ・クレイジーズ』は、人間を発狂させる細菌兵器の事故による人々の混乱をセミ・ドキュメントタッチな設定と残酷描写を交えながら、狂人、軍人、生存者の手に汗握る三つどもえで描いたパニック・ホラーの傑作。

同作に続いてロメロが監督した劇場用映画『マーティン/呪われた吸血少年』は、現代を舞台に、人間の血を求める少年(自称84歳)と、彼を監視するいとこの老人との確執を軸に、ドラキュラに代表される吸血鬼伝説を新たな視点・角度から描いた作品だ。ロメロは本作を「自身の手掛けた作品の中で、最も気に入っている」と公言。ロメロ監督自身も出演している。

一般公開に先駆け、新宿シネマカリテで開催される映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021」 内にて、ロメロの命日である7月16日に3作品が上映される。

映画『アミューズメント・パーク』『ザ・クレイジーズ』『マーティン/呪われた吸血少年』は、新宿シネマカリテほかにて10月15日より公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ