【夫婦喧嘩もなくなる!?】「夫の担当なのにスタイを洗ってくれなくて困る!」を解決した方法って?



共働き夫婦にとって仕事と家事・育児の両立は悩みの種。朝起きてから寝るまで分刻みのスケジュールで息つく暇もないのでは? そこで、夫婦の家事分担や子育ての工夫など、忙しい毎日を乗り切るコツを実践しているママに、お話を聞きました。
<<「共働き夫婦の1日のスケジュール スターバックスン 松野さんの場合(後編)」を読む>>
共働き夫婦の1日のタイムスケジュールとは?
家事・育児・仕事と、目まぐるしい日々を送る共働き夫婦。毎日繰り広げられる分刻みのスケジュールのなか、「こんなに忙しいのは自分たちだけ?」「みんなは毎日をどう乗り切っているの?」と疑問を持つママやパパに向けて、共働き夫婦の1日のタイムスケジュールを伺うこの企画。

第3回となる今回は、スターバックスで店長を勤めるママのタイムスケジュールを前編・後編にわたりインタビュー。前編では朝・昼のタイムスケジュールと、夫婦間の家事分担などについて伺いました。

取材にご協力いただいた方

スターバックス コーヒー 大崎ブライトタワー店 ストアマネージャー 松野 あかねさん(30歳)
ストアマネージャー(店長)として、店舗マネジメント全般を担当。運営方針やビジョンの策定と実行、販売戦略の立案と実行、人材育成などに携わる。保育園に通う2歳男の子のママ。旦那さんは玩具メーカーの企画開発を担当していて、22時前後の帰宅。
朝のタイムスケジュール

職場の先輩ママのアドバイスを取り入れ、朝の家事育児は夫担当に
──今日はよろしくお願いします! 早速、松野さんの朝のスケジュールから聞かせてください。

松野さん:接客業のため勤務はシフト制です。9~15時シフトの日は、7時に息子と一緒に起きます。朝食をとって身支度をして、夫と息子よりも一足先に8時ごろ出社します。

──ということは、松野さんが出社したあとの家事育児は旦那さんの担当ですか?

松野さん:はい。夫は6時40分ごろに起床して、自分の身支度を先に済ませます。そのあと息子を7時に起こして朝食を準備し、息子の着替えや検温、歯磨き、保育園への送りも夫の担当です。

──朝から旦那さんがしっかりと家事育児に参加しているんですね! この分担は、復職前から夫婦で決めていたんですか?

松野さん:そうですね。産休に入る前、職場の先輩ママから「朝は旦那さんと協力しながら家事・育児をやっていくことが大切だよ!」ってすごく言われて。息子が生まれてすぐのころから「復帰したら朝はお願いね」と、1年くらい夫に言い続けました(笑)。

──時間をかけて、今の分担が当たり前になるようにしたんですね! 職場はママさんが多いんですか?

松野さん:はい。ママ含め女性の多い職場なので、それぞれの家庭のやり方を共有してもらえて参考になります。
「子どものことは大切に、大人のことはほどほどでもいい」
──旦那さんとの家事・育児の分担の割合を教えてください。

松野さん:育児は5:5ですが、家事は私が時短勤務なのでだいたい6:4から7:3くらいです。

──朝の家事・育児は旦那さん担当と先ほど伺いましたが、ほかに夫婦で役割分担を決めていることはありますか?

松野さん:実はそんなにきっちりと決めていなくて。お互い、時間がなくてできない部分は補ったり、それぞれ無理をしないようにしたりしています。

──たしかに、復職後にママが無理をしすぎてしまう話はよく聞きます……。

松野さん:私自身、復職後がんばりすぎて体調を崩してしまった時期があって……。その一件以来、「子どものことは大切に、大人のことはほどほどでもいい」と、思うようになりました。夫も同じ認識で、日々生活しています。

──パパやママが無理をしすぎると、お子さんにもあまりいい影響を与えない場合もありますものね。普段の家事・育児の中で工夫していることはありますか?

松野さん:朝は夫が息子の食事用スタイを洗って干してくれるのですが、手が回らないときもあります。夫が忙しいのもわかるので、「ちゃんと洗っておいて」と言うだけなのもどうかと思って。そこで、洗えないときにもどうにかなるように思い、スタイの枚数を増やしました。

──発想の転換ですね! 何度も言ってお互いストレスになるよりも、いい方法ですね。
勤務中のタイムスケジュール

時短勤務の管理職の重要スキル!時間管理術を活用
──松野さんはストアマネージャー(店長)ということで、自分の仕事だけでなくマネジメントの仕事もあってタスクが膨大になりがちなのでは、と思います。加えて、時短勤務だと時間のやりくりが大変ですよね。限られた時間で仕事をするために工夫していることはありますか?

松野さん:タスクを入力するだけのシンプルなTo Doアプリを活用し、優先度順にタスクを並べてこなしています。アプリには仕事のタスクはもちろん、買い物リストなどプライベートのタスクも入れて、ここさえ見ればOK、というようにしていて。タスクを終えたときにチェックを入れるのが、達成感があって気持ちいいんです(笑)

──わかります!(笑) ほかに、スムーズに仕事を進めるために実践していることはありますか?

松野さん:福利厚生のe-ラーニングを利用して、シフト上がりからお迎えまでの時間を使って自己学習をしています。これがなかなか楽しくて(笑)。最近では、そこで学んだビジネス的な時間管理術も取り入れるようになりました。

――ビジネス的な時間管理術というと、たとえばどういったものですか?

松野さん:仕事はなるべく後回しにせず今すぐやる、とか。たとえば、会議の議事録は会議中に作り終えて送信まで完了させるように意識しています。

──すぐやる、を習慣づけることが定時までに仕事を終わらせるポイントなんですね。

松野さん:はい。後でやると時間がかかってしまうので、その日にやれることはその日のうちに終わらせるようにしています。e-ラーニングでは時間管理術だけではなく、マネジメントについても勉強していて。マネジメント業務では計画を立てることの重要性に気づきました。復職前はギリギリになってから仕事に手をつけることが多かったのですが、今では早めに仕事を終えられるよう、月末に翌月の計画を立てる時間を取っています。

「けいたい、やめて」。仕事人間のママを変えた子どもの一言
──松野さんは第一子のご出産で、育休明けの職場復帰も初めてだと伺っています。復職前に不安や悩みはありましたか?

松野さん:復職前は「時短だからいろいろと配慮されるのかな」と思っていたんです。でも、いい意味でその予想は外れました(笑)。フルタイム社員と変わらない仕事を期待されているのでやりがいがありますし、限られた時間の中で仕事ができるようにサポートもしてもらえています。

──時短勤務だとなかなか重要な仕事を任せてもらえない、というママもいる中で、いい意味で分け隔てなく仕事を任せてもらえるのはうれしいですね。松野さんはマネージャーという立場上、退勤後も部下(スタッフ)から連絡が来て対応に追われる……なんてこともあると思うのですが、オンオフの切り替えはどうしていますか?

松野さん:そこは自分でも課題だなと感じています。以前は帰宅後も仕事の連絡が来たらすぐに飛びついて返信してしまっていたのですが、息子から「けいたい、やめて」って言われちゃって……(苦笑)。

──働くママならではの悩みですね……。

松野さん:私はわりと仕事人間で、いつでも仕事のことを考えてしまうタイプなんです。でも今は、家にいるときは息子を最優先したいので、仕事の連絡が来たときもパッと内容だけ確認して、緊急度が低いものであればあとで返すようにしています。
まとめ
復職後、家事・育児をがんばりすぎて、体調を崩してしまったという松野さん。そこから「大人のことはほどほどでもいい」と、夫婦で協力しながらストレスをため込みすぎない生活を心がけているそう。仕事では、限られた時間の中で効率的に業務を回したり、自己学習に励んだりと、復職後もさまざまなことに積極的に取り組む姿勢が印象的でした。

──後編では、松野さんの夜のスケジュールをお伺いします。お楽しみに!
(取材・文:木村真由美、撮影:佐藤登志雄、イラスト:まちこ @achiachiachico)
<<連載「共働き夫婦の1日スケジュール」をすべて読む>>

当記事はマイナビウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ