既読スルーはOK?男性がまた連絡したくなるLINEの終わらせ方

愛カツ


気になる男性や、大好きな彼氏とのLINEはずっと続けたいと思ってしまうもの。

でも、どこかのタイミングで終わらせないと、彼や自分にとって負担になってしまうかもしれません。

そんなとき、「また連絡したい」と感じてくれるような終わらせ方について、実際に男性陣に聞いてみました。



■ 挨拶+スタンプ

「LINEを終わらせるとき、あまりアッサリだとちょっと心配になります。

そんなに長い文章じゃなくていいので、簡単な挨拶のあとに一つスタンプが送られるぐらいがベストですね」(28歳/教育)

既読スルーや、あっさりした終わり方だと、男性は不安に感じてしまうようです。

しかし、いちいち長いやり取りをするのも面倒。

そんなときはスタンプを使いましょう。

かわいらしいデザインなら、男性も自然と気持ちが和らぐはずです。

■ 「風邪ひかないようにね」

「カラダのことを気遣ってもらえると嬉しいですね。

『風邪ひかないようにね』とか『よく休んでね』とか。

心配してくれているのが伝わってきます」(27歳/旅行)

大丈夫だろうと安心されるよりも、心配されたいと考える人は多いはず。

体を気遣う言葉をかけられると、嬉しく感じるものです。

■ 「次のデート楽しみにしてる!」

「最後に、『日曜日楽しみにしてるね』というような、会えるのを楽しみにする言葉があるとテンション上がります。

そうすると、気分良く終われる気がする」(33歳/通信)

次に会う日を楽しみにしていると言われて、嬉しくない男性はいません。

その日が早く来ないかな……と思いながら終わることができますよ。

■ 「連絡ありがとう」

「夜によく彼女にLINEを送るんだけど、終わるときはいつも『連絡ありがとう』って言ってくれます。

夜遅かったり、長々と送っちゃうこともあるのに。

なのに、そこでお礼を言われると嬉しいです」(26歳/配送)

最後にお礼の言葉をひと言添えるだけで、印象は大きく異なります。

お礼なんて言われることをしていないのに……と思ってても、そんな人間性に惹かれてしまうものです。

■ ほどよいタイミングで終わらせて!

LINEはダラダラ続けず、ほどよいタイミングで終わらせましょう。

そのとき既読スルーをせず、少し工夫をして終わらせると、男性はまた連絡したいと思ってくれるはずですよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ