不思議!「苦手な人」のことを好きになるのはこんな原理からなんです♡

ハウコレ



苦手だなぁと感じた男性に対して、気がつけば好きという気持ちを抱いていたなんてことはありませんか?不思議な事に苦手と感じる相手に対して、知らずに好意を抱くことがあるのです。今回はそんな原理についてお伝えします。

■相手のイメージ
苦手という固定観念は、やはりなかなか消えないものです。その為、苦手と感じている異性に関してのイメージは良いものではありません。

だからこそ、良い部分が見えた時になんてステキなのだろうと思えるのです。ステキな男性に見え、恋に落ちるのはそれが理由なのです。

■相手を知った時
相手の事をまだ知らないうちに、苦手という意識を持っているとやはり相手を知ったことによってより良いイメージになるのです。まだまだ知らない部分がある彼に対して、好意を抱く気持ちは絶大です。

相手を知った時にこの彼の事を誤解していたのだと改めて気づく部分だと思います。

■第一印象が悪かった
第一印象が悪いというだけで、苦手という気持ちになるのは当然のひとことかもしれません。だからこそ、この第一印象を与えた後の彼はとてもステキに感じるはずです。

第一印象が悪かった場合なかなか印象を変えることは難しいものなのですが、この印象が変わった時に恋愛感情が芽生ることが大きいです。

■ギャップ
彼のイメージからは連想されることのないギャップに思わずキュンとときめいてしまうようです。こんな一面があったのだと、彼の知らない部分に虜となるのは間違いありません。ステキな恋愛感情が生まれるだけではなく、相手に対しても夢中になること間違いなしです。

知らない間に彼にハマっていたということは、少なくないのです。

■まとめ
相手の事をまだまだ知らないからこそ、彼に対してハマってしまうことは多いようです。好きという感情が気づけば大きくなり、彼から目が離せないといったことになりそうです。

ステキな彼をゲットしてください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ