菅田将暉は“夢をあきらめた漫画家”をどう演じたのか? 映画『キャラクター』での演技アプローチや作品の持つメッセージを明かす

SPICE


6月11日公開の映画『キャラクター』から、主演を務めた菅田将暉のオフィシャルインタビューが到着した。

『キャラクター』は、『20世紀少年』『MASTERキートン』などの共同制作者・長崎尚志氏が原案・脚本を手がけるオリジナル映画。売れない漫画家が第一発見者として殺人事件を目撃したことをきっかけに、運命を狂わされる姿を描いたサスペンス作品だ。主人公の山城圭吾を演じるのは、菅田将暉。山城はお人好しな性格で、人の悪を描けず苦悩する漫画家。スケッチに向かった先で一家殺害の現場を目撃するが、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と嘘をついてしまう。さらに、犯人をモチーフにサスペンス漫画を描き始めると、作品は大ヒット。しかし、その後同漫画を模した殺人事件が次々と発生したことで、彼の運命が狂い始める。山城の運命を狂わせる殺人鬼・両角役で、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが共演。Fukaseは、本作で俳優デビューを果たすことになる。そのほか、小栗旬、高畑充希、中村獅童らが出演し、『世界から猫が消えたなら』や『帝一の國』などの永井聡監督がメガホンをとっている。


菅田が演じたのは、お人好しな性格の売れない漫画家・山城。これまでに様々な役柄を演じてきた菅田にとっても、本作のようなミステリーやサイコホラー要素を含む作品は初めてとのこと。昨年一度目の緊急事態宣言解除後、菅田にとって最初の映画の撮影ということもあり、コロナ禍での緊張感ある現場で悩みながら演じた役柄だという。

菅田は、完成した作品を観て、「山城は、良くある映画の主人公っぽくない主人公。地味だし、自分から派手な動きをしない。だからこそ、そんな人物を中心にいろんな物事が目まぐるしく動いていく。自分が関わっていないシーンがとてつもなくカッコ良かったし、ワクワクしました」と振り返る。加えて、「今回は、引き算の芝居に徹底しようと思ってやってたんですよ。漫画家として一個夢を諦めたあとの徒労感の中に生きていて、それでも自分が真摯に向き合えて表現できるのは漫画だけ、というキャラクターだったので」とアプローチを明かす。
(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

撮影時には、「アイデンティティが足りないことで悩む山城のように、【面白くいたい】、【より充実していたい】という欲が人間にはあるから、人に甘えられなく、どんどん孤独になっていく。観てくれた人の中にもそういうことを考える人がいっぱいいると思うので、そこが伝わればいいかなと思いました」とコメント。また、「行き切れない人間は、劣等感があると思うんです。だからこそ山城のように、『自分にはそこがないんだな』と思っていた人間が行き切っちゃう瞬間、ドライな怖さというのが、山城を演じているなかであって。これは今までにないな、それがうまいこと伝わっていたらいいなというのが願いでしたね」と、作品のもつメッセージにも触れている。

そして、“個性(キャラクター)が求められる時代”について、「人からつまらないって言われようと、生きてさえいればいいと思うんです」と述べている。

『キャラクター』は6月11日(金)ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ