定番デリ「キャロットラペ」シェフはオレンジジュースを入れる【シェフのテク】

OTONA SALONE



皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて今回はフランスの定番デリ〈キャロットラペ〉の紹介です。実際に私のお店で提供しているレシピそのままを公開しますよ。

特別な材料はなにも使用していないのですが、作り方に重要なコツがあるんですね。今日はそれを皆さんと共有したいと思います。

人参が苦手…という方でも1本分くらいはペロリと食べれちゃうvivoの〈キャロットラぺ〉。好きな方はどんぶり一杯いけますよ!笑

では〈キャロットラぺ〉作っていきましょう。



【材料】

人参                               1本(約200g)

塩                                    小さじ1

砂糖                                 小さじ1

オレンジジュース         50cc

ハチミツ                          適量

ドレッシング                 大さじ2

【作り方】

①先ずは人参の皮をむいて、千切りにします。千切り機能のついたスライサーを使うと便利ですね。





②塩と砂糖を加え、手で揉みこんでいきます。できれば体重をかけてグッ、グッとしっかり!





③塩と砂糖の脱水作用で人参がしんなりとして、水分が出てきたら揉み込み終了。



④手でしっかり絞って、別のボウルに移します。見てください、人参からこんなに水分が出るんですよ。



次ページ、シェフ秘伝の超コツが!→



⑤この水分量を計量して見ましょう。1本の人参から約50cc取れました。そしてここからがポイントです。この人参から出た水分は捨て、同量のオレンジジュースを加えます。





すると脱水された人参がオレンジュースを吸っていきます。これでオレンジ風味の爽やかな人参サラダができるという仕組みです。これがvivoのキャロットラぺの美味しさの最大の秘密です。





⑦後はお好きなドレッシングを大さじ2からめてあげましょう。最後にハチミツを少量加えるとグッと美味しくなりますよ。さあこれで完成です。



大量に仕込んで大皿に盛ってもそのまま食べるのもいいですし、小皿に盛ってナッツやドライフルーツと合わせるのもおすすめです。冷蔵庫で5日間は美味しく食べれますので、ぜひ作り置きしてみてください。

最後の写真はお店で実際に提供しているスタイルです。黒コショウとパセリをかけて、アーモンドのローストを添えています。可能な方はお店の方にもぜひ足を運んでいただき、自身の作られた〈キャロットラぺ〉と比べてみるなど、1度食べてもらえると嬉しいです。

ではまた次回。



フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!花本さんは中野本店でキッチンに立っていますから、レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ