加藤浩次、トム・ブラウンのコロナ禍ライブが斬新すぎて感心 「超面白い」

fumumu


加藤浩次

9日、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ「トム・ブラウン」の、布川ひろきさんと、みちおさんがゲスト出演。

ソーシャルディスタンスが謳われる中での、斬新すぎるライブ形式が話題になっています。

■クイズッスでモニター出演


人気コーナー「クイズッス」の中でモニター出演したトム・ブラウンの2人。出身が北海道とのことで、MC・加藤浩次さんのローカル番組に出ていた当時を懐かしむなどし、盛り上がりました。

そんななか、南海キャンディーズ・山里亮太さんの親友こと”天の声”さんが、「印象的だったライブとか、そうゆう仕事とかあるかい?」と質問。すると、みちおさんが過去の仕事ではない「これからの」仕事について語り始めます。

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■仰天情報にザワつくスタジオ


7月に単独ライブが決定したというみちおさん。しかしその場所は「無人島でやることになりまして」と説明します。想像の斜め上をいく舞台に、スタジオは「え!?」と騒然。加藤さんも「どうゆうこと?」と驚きの表情。

みちおさんいわく、トム・ブラウンの2人は無人島でライブをやるものの、お客には「1キロ2キロ離れた本土の岸から」見てもらうとのこと。

無人島だけでも驚きなのに、さらなる仰天の鑑賞形式が加わりスタジオではさらに「どうやって?」などの声が飛び交います。

■鑑賞はオペラグラスで


そこで、加藤さんが「(ライブの様子を)モニターに映し出すってこと?」と質問すると、2人は「いえいえ」と言い「(お客には)オペラグラスで見てもらいます」「(ネタは)大声でやります」とまさかの回答。加藤さんもあんぐり口をあけ、「超面白いこと考えたな」と言います。

この形式は新型コロナウイルス感染対策のためだそうで、布川さんが「スーパーソーシャルディスタンス単独ライブ」というライブ名であることを説明。すると加藤さんも「ディスタンスとりすぎだろ!」とツッコみつつも、感心する様子を見せました。

■視聴者から反響


なお、ライブは配信もないとのことで、「10人~20人くらいだけ来てくれたら嬉しい」と言う布川さん。

しかし視聴者からは「めっちゃおもろそうなんやが」「無人島ライブの話が狂気的すぎるしあの人たち面白くて一気に好きになった」「てっきりライブビューイングかと思ったら本土からオペラグラスで見てもらうのは笑う」など注目が高まっている様子。

公式サイトによると、無人島ライブ「がちょん十郎 ツアーファイナルin無人島 スーパーソーシャルディスタンス単独ライブ SSDT」のチケット販売はまだスタートしていないようですが、興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ