40代以上のアニメファン感涙! 謎につつまれた早逝のアニメソングシンガー・ヒデ夕樹の評伝が初書籍化!

Rooftop


unnamed.jpg

7月25日に早逝のアニメソングシンガーの生涯を描いた評伝「ヒデ夕樹とテレビまんが主題歌の黄金期」(著者:剣持 光)が出版。 それに先駆けて6月8日~30日までの間、 購入予約の受付を開始。

ようやく明らかになる謎のアニメソングシンガーの素顔とテレビまんが主題歌の栄枯盛衰。「海のトリトン」、 「快傑ライオン丸」、 「人造人間キカイダー」、 「キャプテンフューチャー」といったアニメソングの名曲、 また、 日立グループのCMソング「この木なんの木」を歌った天才歌手・ヒデ夕樹。 その人物像は謎に包まれている。彼はどんな人生を歩み、 そして、 どんな最期を遂げたのか。関係者の証言と、 残された資料をもとに、 昭和サブカルチャー研究家の剣持光が謎を解き明かしていく。

また、 ヒデ夕樹の活躍した1970年代は日本コロムビアのアニメソングの黄金期だった。当時それらは「テレビまんが主題歌」と呼ばれ、 多くの子どもたちに親しまれたもの。ところが、 「テレビまんが主題歌」を中心にして書籍で語られる機会もあまりなかった。この本ではヒデ夕樹の生涯と、 テレビまんが主題歌の歴史を交差させながら、 そのジャンルがいかに発展し、 そしてなぜ絶滅危惧種となっていったか、 根本原因にも迫っていく。昭和のアニメソングファンがこれまで「なぜ?」と思っていた疑問が、 この一冊によって解消されることも多いだろう。

また、豪華版書籍の特典には、 ヒデ夕樹の幻の音源「野良犬エレジー」と「風花」の2曲を収録したCDが付く。この音源は、 ヒデが1983年1月に自主制作盤として制作したものだが、 長年未発表となっていた。しかし、 遺族の許可を得て、 この書籍が出るタイミングでCD化。ヒデ夕樹のアニソン歌手以外での歌声を堪能できる。

この書籍は公式サイトのみでの販売。 書店では購入できないので注意。【購入ホームページはこちら】

ヒデ夕樹とテレビまんが主題歌の黄金期

■著者:剣持 光

■発行元: ケンケンクリエイト

■価格:【通常版】1540円(税込)/ 【CD付き豪華版】2750円(税込)

■判型:四六判

■ページ数:240ページ前後(調整中)

■発売日:2021年7月25日(6月8日~30日購入予約受付)

※CD付き豪華版は初回限定・少量生産です。 ご購入を検討のお客様はお早めにお申し込みください。

※CD単品での購入は不可。

※カバージャケットのデザインは変更になる可能性があります。

※予約購入は6月30日で受付を終了させていただきます。

※7月25日以降の発送は8月上旬に食い込む可能性もございます。

※1オーダーにつき4冊まで(買い占めを防ぐため、 4冊購入された履歴のあるお客様はお断りさせていただきます) 。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ