内田理央が思う「ホンモノの色気」とは?! だーりおのぷりぷりな"人魚カット"解禁!

Rooftop


DMA-cut12_075 (1).jpg

女優の内田理央が約1年半ぶりにar7月号(6月10日発売)の表紙に登場。写真集発売を控える内田の“ぷりぷりボディ”を余すことなく披露。だーりお流の色気の作り方から、部屋の中をのぞき見まで、女優・内田理央の今を堪能できる内容に。

お色気特集号ということで、露出多めのカットが並ぶ7月号。その衣装に備えて糖質オフを心掛けていたという内田理央。「水色の水着を着た人魚みたいなカットがお気に入り」と艶めくオーロラビキニカットをベストショットにあげた。自分自身のウリを「ゆる~~~~~いところです!すご~くテキトーですよ」と話し、その柔和な人柄にスタッフもメロメロ。誌面では彼女の魅力を引き出すようスタッフ総出で炭酸水や木の影を巧みに使い、夏らしい爽やかな色気を体現している。

DMA-cut5_043 (1).jpg

また、内田理央の“色気マインド”にもフィーチャー。「あくまでもナチュラルに構えながら、たまに知性をキラリと光らせる、そのホンモノの色気の破壊力はスゴイ!」と、外見にはとらわれない色気のすばらしさを語る。最強の色気を持つ人にあげたのは、大女優・高岡早紀さん!「そこにいるだけで空気をガラリと変えちゃう不思議な魅力を持っていて、気さくで少女みたいなところもあって」 「年齢を重ねて醸し出す色気に、私は夢中なの」と憧れの気持ちを吐露した。

6月23日には写真集『PEACH GIRL』の発売も控える内田理央。“ひじおっぱい”や“Oバック”“袋とじ”などドキドキな仕掛けもたくさん。「編集者視点でアイディア出したり企画を考えてみました」というように、彼女自身のこだわりもたっぷり詰まっている。見た目以上に、内側から放たれる“色気”を考える彼女のマインドは、「媚びない色気がほしい!」と思う女子の心にきっと刺さるはず。

DMA-cut1_009 (1).jpg

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ