【ビルボード】米津玄師「Pale Blue」がDLソング堂々首位、ラルク/宇多田/ゆずがトップ10デビュー

Billboard JAPAN



2021年6月9日公開(集計期間:2021年5月31日~6月6日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、米津玄師の「Pale Blue」が84,385ダウンロード(DL)を売り上げて初登場1位をマークした。

ドラマ『リコカツ』の主題歌として書き下ろされたラブソング「Pale Blue」は、当週2位以下に大差をつけて首位デビューを飾った。ラジオ2位、Twitter 3位、動画再生6位、ストリーミング7位と他指標でも好スタートを切り、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では初登場2位となった。なお、6月16日にはシングル盤のリリースも予定されており、ドラマとの相乗効果と合わせて、今後どのようにチャートに影響を与えるか注目したい。

L'Arc~en~Cielにとって約4年半ぶりの新曲「ミライ」は、23,315DLを獲得して2位デビューした。PC用オンラインアクションRPG『ブループロトコル』のオープニング・テーマ曲に起用されている本曲は、その話題性も相まってTwitter 2位、ラジオ21位を記録して“JAPAN HOT 100”ではトップ20入りを果たした。

前週初登場1位となったback numberの「怪盗」を3位、BTSの「Butter」を4位に挟み、5位に初登場したのは宇多田ヒカルの「PINK BLOOD」だ。アニメ『不滅のあなたへ』の主題歌となっている同曲は6月2日に配信開始となり、16,990DLを売り上げ、DLとラジオ(3位)が牽引して“JAPAN HOT 100”では16位についた。

当週、4曲目のトップ10デビューとなるゆずの「NATSUMONOGATARI」は9位にチャートインした。2004年発表の「桜木町」のアフター・ストーリーとなる本曲は、ゆずにとって約10か月ぶりとなる新曲で、女優の石原さとみが17年ぶりにゆずのアートワークに登場したことも話題となっている。

トップ10以下では、11位に乃木坂46の「ごめんねFingers crossed」、16位にUVERworldの「NAMELY」、23位に緑黄色社会の「ずっとずっとずっと」などが初登場した。

◎【Download Songs】トップ10
1位「Pale Blue」米津玄師(84,385ダウンロード)
2位「ミライ」L'Arc~en~Ciel(23,315ダウンロード)
3位「怪盗」back number(23,001ダウンロード)
4位「Butter」BTS(21,471ダウンロード)
5位「PINK BLOOD」宇多田ヒカル(16,990ダウンロード)
6位「きらり」藤井 風(12,410ダウンロード)
7位「Broken Heart of Gold」ONE OK ROCK(11,302ダウンロード)
8位「不思議」星野源(10,818ダウンロード)
9位「NATSUMONOGATARI」ゆず(9,659ダウンロード)
10位「ドライフラワー」優里(8,932ダウンロード)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ