石原詢子、「ただそばにいてくれて」スピンオフ・ミュージックビデオ第3弾公開

E-TALENTBANK


石原詢子の新曲「ただそばにいてくれて」は、これまでの演歌歌手としての活動から一歩踏み出し、シンガーソングライター・古内東子に作詞作曲をオファーした1曲。コロナ禍で苦しい状況が続く中、大切な存在がただそばにいることへの「ありがとう」という気持ちを歌いジャンルの枠を超えて多くの共感が寄せられている。

コロナ禍の影響で依然として公演などの自粛が続く中、石原自身も観客の前での歌唱や収録の予定が幾度となく中止や延期を余儀なくされている。直接「歌」を届けることがなかなかできない現在、それでも「ただそばにいてくれて」の楽曲のメッセージを伝えるべく、さまざまな映像をYouTubeにアップ。歌詞世界を表現したイメージ&リリックビデオ、ミュージックビデオ(ショートバージョン)、さらにこれらの映像の家族、夫婦、友人といった登場人物それぞれにスポットをあてたスピンオフ・ビデオがこれまでに2編公開され、出演者の温かいエピソードに続々と反響が届いた。

そして、6月9日第3弾となるスピンオフ・ビデオが公開された。第3弾の今作に登場するのは、「あやちゃん」「もっちゃん」と呼び合う仲良しの2人。初めて出会ったのは高校一年生。二年生で同じクラスになりお互いに心の支えとなる親友に。2人で作るかけがえのない思い出「高校二年生の放課後」をぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ