『漁港の肉子ちゃん』バリアフリー上映決定 音声ガイドの下野紘、収録で涙する場面も

 アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』のバリアフリー上映が決定。音声ガイドを声優の下野紘が務めることが発表された。

直木賞作家・西加奈子による同名小説をアニメ化する本作は、漁港の船に住む二人きりの母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。原作小説にほれ込んだ明石家さんまが企画・プロデュース。声優キャストとして、肉子ちゃん役を大竹しのぶ、娘キクコ役をCocomi、キクコの同級生の少年・二宮役を花江が務める。

本作で実施されるバリアフリーサービスは、視覚障害者用音声ガイド、聴覚障害者用メガネ字幕、バリアフリー日本語字幕付き上映の3種類。このうち、視覚障害者用音声ガイドと聴覚障害者用メガネ字幕は公開日の6月11日から利用可能となり、バリアフリー日本語字幕付き上映は一部劇場にて期間限定で行われる。

音声ガイドには、本作でヤモリ&トカゲ役を担当し、映画の音声ガイドは初挑戦となる声優の下野紘。冒頭の利用方法の説明や、劇中の情景の解説、エンドクレジットと、最初から最後まで全ての解説を担当している。

下野は、肉子ちゃんとキクコをはじめとした個性あふれるキャラクターたちの表情や仕草、ノスタルジックな漁港の景色、季節の移り変わりの風景が声でイメージできるよう、誠意をもって挑んだ。また、声を聞き取りやすいよう、音声ガイドのディレクターとトーンやピッチを確認しながら取り組んだ。

下野は収録を振り返って、「トカゲ役、ヤモリ役に続き、まさか音声ガイドをやらせていただけるとは…改めて、頑張って良かったなと思いました。今まで施設等の音声ガイドをさせていただいたことはありましたが、映画本編の音声ガイドというのは初めてでした。思っていた以上に細かくガイドを入れることに驚いたのと、状況に合わせたリアクションを解説に入れていくというのが新鮮でした。いろいろ勉強になりました」とコメントしている。

本収録で初めて本作を見た下野は、ラストシーンの収録にさしかかると感極まって声を詰まらせ、一旦収録をストップする場面も。「収録中泣きそうになることが度々あり、収録を一旦止めるほど感動してしまった本作、改めて、全編通してちゃんと観たいと思いました!」と語った。

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』は、6月11日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ