Dragon Ash、約4年ぶりのCDシングル『New Era』よりタイトルトラックの先行配信が決定

SPICE


Dragon Ashが6月30日(水)にリリースする約4年ぶりのCDシングル『NEW ERA』より、タイトルトラック「New Era」が6月16日(水)に先行配信されることが決定した。

「New Era」は、コンポーザーであるKjがコロナ禍で最初に作り出した楽曲。バンドは、2019年サポートベーシストにT$UYO$HI (The BONEZ / Pay money To my Pain) を迎え2020年から新たに現在の5人体制で活動を開始している。タイトルの“NewEra”は“新しい時代”を意味するが、一変してしまった新しい世界の始まりに向き合い、新たな体制で走り出すバンド自身をも投影するかのように、“いつでも生まれ変われること”を歌い奏でる新時代へのラウドロック賛歌である。

そして、「New Era」フルコーラスは6月14日(月)のJ-WAVE(81.3FM)『STEP ONE』(9:00~13:00)で初オンエアとなる。

Dragon Ash待望のニューシングル『NEW ERA』は、実に4年ぶりとなるパッケージシングル。CDに収録されるのは、「New Era」「エンデヴァー」のほかに、ライブではすでに披露されファンからリリースの要望が高い楽曲「ダイアログ」を加えた全3曲。そして、付属するBlu-ray/DVDには、2019~2020年のライブ映像全10曲とメンバーへの最新インタビューで構成するスペシャルな映像作品「Beginning of New Era」を収録。さらに、オリジナル・バンダナマスクつき限定盤も発売される。加えて、世界最大級のヘッドウェアブランド「NEW ERA®」とのコラボレーションも決定。Dragon Ash×NEW ERA(R)のコラボCap付きシングルが6月30日までの完全受注生産で限定セット販売される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ