『MINAMATA』ジョニー・デップ演じる伝説の写真家 本人とそっくりの比較写真解禁

 俳優のジョニー・デップが水俣病を世界に知らしめた実在の写真家を演じる映画『MINAMATA(原題)』より、本日6月9日にジョニーが58歳の誕生日を迎えたのを記念し、新場面写真が解禁された。

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く、日本における“四大公害病”のひとつ、水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集『MINAMATA』だ。

本作は、ユージン氏に長年憧れていたというジョニーが、彼の遺作ともなったこの写真集を基に、製作と主演を務めて待望の映画化を実現させたドラマ。出演はジョニーのほか、ビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。音楽を坂本龍一が手掛けた。

今回解禁された写真は、ジョニーふんするW・ユージン・スミスが暗室の中でカメラを構えた姿。ユージン氏をよく知る関係者やファンの間でも、ジョニーのルックスはあまりにもそっくりだと称賛されているが、1971年にユージン氏が水俣取材をしていた際に、アシスタントを務めた写真家・石川武志氏が撮影したユージン氏本人の写真と比較すると、より顔立ちが似ていることが分かる。

ジョニーは「私はマグナム・フォトの会員だった写真家メアリー・エレン・マークと親しくて、彼女はW・ユージン・スミスと知り合いだったので、彼の写真のファンだった私はメアリーに彼のことを聞いた」とし、「彼女によると、彼は気難しいが繊細なボヘミアンであり、すべてを見てきた百戦錬磨の戦争フォトジャーナリストだったという。彼にまつわる面白い話も聞いた。彼はユーモアのセンスがある人で、“Wは何の略ですか?”と聞かれると、“ワンダフル”と答えていたそうだ」と明かしている。

映画『MINAMATA』(原題)は9月全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ