え...信じて大丈夫?「結婚したら変わってくれる」ってホント?

ハウコレ



人間、誰しも多かれ少なかれ欠点は持っているものです。何も欠点がなく容姿も含めて自分の理想通りという人に巡り合うことはほぼ不可能ですので、結婚する時には妥協するという人も多いでしょう。しかし、それが大きな欠点であれば話が別です。結婚したいあまりに「結婚したら変わってくれるはず」と思って結婚すると、大きな後悔をする原因になりかねません。本当に人は結婚によって変わるのかどうか考えてみましょう。

■基本的には変わらない!
結論から言うと、結婚によって人が変わることはまずありません。結婚するほどの年齢まで染みついた性格は、既に習慣となっているのでよほどの大きなことがないと変わらないでしょう。特に借金や浮気など、癖になりがちなものほど変わることはありません。結婚前に「借金さえなければ良い人」のように引っかかるのであれば、そのまま結婚しない方が良いかもしれません。

■悪い方向に変わる可能性はアリ
結婚によって変わることはめったにありませんが、残念ながら悪い方向に変わる可能性は高いと考えられています。すなわち「結婚」という制度を利用したことによって安心してしまい、さらに本性が出てしまうのです。今までより隠さずに浮気をしたり、多額の借金をする可能性もあります。誰しも改善は難しいですが悪い方向には流されやすいので、結婚によって悪い部分がますます目立つようになる可能性は高いでしょう。

■相手を変えたいなら長期戦を覚悟
「それでもどうしてもこの人と結婚したい」というのであれば、もちろん欠点がある人と結婚するのも悪いことではありません。全てにおいて完璧な人はいないので、その欠点を受け入れて結婚する人も多いでしょう。しかし、結婚した後で相手を変えたいのであれば長期戦を覚悟しましょう。入籍しただけで悪い癖が全てなくなるということはありません。十数年単位で少しずつ相手の性格を変えることを覚悟する必要はあるでしょう。

■人はなかなか変わらない!希望的観測もほどほどに......
大好きな人と結婚したいと思い込んでしまうと、致命的な欠点にも目を瞑ってしまいがちです。しかし、楽観的に考えて結婚し、後悔する人も少なくはありません。希望的観測はほどほどに、本当に相手の欠点が問題ないのか最後にもう一度考えてから入籍してくださいね。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ