ちゃんと反省してる...?彼氏に「誠意が伝わる謝り方」3選

ハウコレ



あなたの何気ない行動や言葉で彼のことを傷つけてしまった場合、喧嘩を長引かせたくないのであればすぐに謝る必要があります。しかし、本心から謝らないと彼に口先だけだと思われてしまい、謝罪しても通じない可能性もあるでしょう。では彼に誠意を伝えたい時はどのように謝れば良いのでしょうか。

■①理由と一緒に謝る
男性は、単なる謝罪だけでは満足せず「どうして怒っているか」を理解してほしがる人が多いいものです。怒らせてしまった理由が重大なものであればあるほど、あなたがそれを理解していることは重要となるでしょう。そのため、謝る時は単に「ごめん」と謝るだけではなく、「なぜ彼が怒っているのか」や「どうして謝っているのか」、あるいは「なぜそんなことをしてしまったのか」という理由を説明しながら謝りましょう。

■②今後の対策と一緒に謝る
単に理由と一緒に謝るだけではなく、仕事と同様に今後の対策を一緒に伝えるようにしましょう。そうしたことをしないと、単なる一時しのぎで謝って許してほしいだけに思われてしまう恐れがあるでしょう。「どうしてそんなことをしてしまったのか」に加えて「今後は〇〇に気を付けて絶対に傷つけない」ということまでセットで彼に伝えることが必要です。

■③自分で話を切り上げない
やりがちな女性が多いのですが、謝って少し空気が良くなった時に「ところで次のデートだけど」のように、話を切り上げてしまう人がいます。このようなことをしてしまうと、彼も許すつもりになっていたのに、やはりあなたが反省していないように思えて、彼の怒りが再燃する可能性があります。どんなに和やかなムードになっても、彼から話題を変えるまではあなたから話題を変えない方が良いでしょう。今後にギクシャクしないためにも、気まずくてもここでしっかり謝って話を終わらせておくのがおすすめです。

■悪いことをしてしまったらちゃんと謝ろう!
「彼氏と彼女」というお互いに甘えが出る関係になると、悪いことをしてもなかなか謝らずなあなあで許してもらおうとしてしまいがちです。しかしながら、大きな喧嘩ほどしっかり謝っておかないと将来的にトラブルになる恐れがあります。悪いことをしてしまったら、きちんと謝って元の二人に戻りましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ