蒙古タンメン中本、開発に半年かかった「特製弁当」 ガチ感が伝わる迫力

しらべぇ




東京都板橋区発祥の人気ラーメン店「蒙古タンメン中本」。激辛好きを魅了する同店が、6月1日からテイクアウト限定で特製弁当を販売している。

画像をもっと見る

■とにかく焼豚がスゴい




その名も『蒙古タンメン中本特製弁当』(1,290円)。公式サイトによれば、発案から約半年ほどかけて「誰もが唸るうまさ」の弁当ができあがったという。テイクアウトのみでデリバリーは未定、1店舗20食限定販売だ。

販売しているラーメンの大半が1,000円以下で、テイクアウト弁当も550円ということを考えると、1,290円という価格はかなり強気で本気度がうかがえるが、はたしてその中身は…。



まず目につくのが、4枚入っている「絶品焼豚」。その他には、味玉とナムル、辛子麻婆をかけたエビワンタンと、非常に豪華なおかずが並ぶ。「中本=激辛」をイメージしている人にとっては意外な内容に見えるかもしれない。



見よ、この焼豚の分厚さ。タレと絡んで相性は抜群、食感は柔らかく、間違いなくこの弁当の主役だ。この焼豚で白米がとにかくすすむ。

関連記事:蒙古タンメン中本・蒙古トマタン セブン&アイグループ店で限定発売

■辛子麻婆は絶品!




そして、中本といえばやっぱりこの辛子麻婆。一口食べるだけで…めちゃめちゃ辛い!



焼豚にちょっと付けて食べてもいい。公式サイトで「自分や、家族のお祝い、頑張っているあの人達への差し入れに、召し上がった方の一日が、特別な日になりますように」と記されているが、決して安くない値段だけあって特別感がある。

最高の焼豚、辛子麻婆、副菜すべてがウマく、弁当全体のクオリティは非常に高い。焼豚好きなら間違いなくオススメするぞ。その上で、記者が食べて感じたことを挙げていく。

■激ウマだが「中本らしさ」は…




焼豚は激ウマで、弁当全体のボリュームも文句なしの『蒙古タンメン中本特製弁当』。

記者は激辛メニューがそこまで得意ではないため、特製弁当の辛子麻婆の量はベストで、じつは「中本ビギナー」にこそオススメできるのではないかと感じている。価格は決して安くないが、中本にチャレンジしてみたいが勇気はない…という人も満足して食べられるはず。そういう意味では万人受けの弁当だ。

一方で、激辛を食べたくて仕方がない中本マニアの人は物足りなさを感じるかもしれない。同じ弁当でも「麻婆丼弁当」もあるため、そちらのほうが「中本欲」を満たせるだろう。

■事前注文しておくとスムーズ


中本マニアではない人にもオススメの『蒙古タンメン中本特製弁当』だが、販売店舗は、上板橋本店、西池袋、東池袋、新宿、渋谷、目黒、高田馬場、御徒町、吉祥寺、町田、大宮、横浜、川崎、千葉、船橋の15店舗。1日20食のため、電話予約しておくとスムーズだ。デリバリーは「未定」とのこと。

なお、事前の電話予約は開店時間の30分前から受け付けているようなのでチェックしてみよう。

・合わせて読みたい→松のや、激辛かつ定食を発売 同時に激辛にぴったりな時間限定キャンペーンも

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ