小川紗良監督、映画『海辺の金魚』完成に感無量 意外な悪戦苦闘エピソードも…

しらべぇ




女優にして映画監督の小川紗良(以下小川監督)初となる長編映画作品『海辺の金魚』が25日から全国公開となる。それに先駆け8日、東京・新宿で舞台挨拶が行われ、小川監督、主演の小川未祐、福崎那由他が登壇し撮影現場の裏話を明かした。

画像をもっと見る

■ゆかりの地で撮影




『万引き家族』などを手がけた是枝裕和監督の薫陶を受け、映画監督としてのキャリアを歩み始めている小川監督。

自身初の長編映画となる本作は、自身とゆかりの深い鹿児島・阿久根を舞台に、児童養護施設に入所する18歳の花(小川未祐)、新たに入所してきた8歳の少女・晴海(花田琉愛)の出会いと成長を描く。

関連記事:登坂淳一アナ、子育ての先輩からのアドバイスに感謝 「助かってます」

■「元々は短編の予定だった」




冒頭、小川監督は、撮影と新型コロナウイルス流行による上映延期などについて振り返り、「主演の未祐さんをはじめ、素晴らしい人たちに集まっていただき、ひとつひとつ手探りでつくってきた作品。公開延期もあったが、今日ここでお披露目できたことが、本当に嬉しい」と感激した様子を見せた。

また初の長編映画を撮影しようとしたきっかけを司会者から聞かれると「元々は短編で、商業作品ではない予定でした。でも脚本、企画書を膨らませていくうちに『これは短編の尺ではない』と感じ始め、撮影監督やプロデューサー、そして阿久根市にも協力を頂き、初の長編を撮り切ることができた」と、柔軟な発想で作品を進化させていったと回答。

■悪戦苦闘した裏話


映画に出演する子どもたちは、みな阿久根市でオーディションを行った子役や、地元の子供たちを起用している。

イベントではその裏話も登場し、「みんな活発で本当に大変でした(笑)。その日によってご機嫌が変わったり、時には喧嘩したりと本当に素直で元気いっぱい。テイクを3回くらい重ねた時は『もういやだ!』って言われましたね。予定調和ではないところが逆に楽しく、どう子どもたちの姿を切り取って映画に入れていくか常に考えていました」と小川監督。

■サプライズの花束




小川未祐は、「本当に子供たちとまっすぐ向き合った時間だった。晴海役の花田琉愛ちゃんを追いかけるシーンがあったのですが、琉愛ちゃんが『なんで私だけ追いかけるの!?』と怒っちゃった時があって、『ごめんね』と謝ると、すぐ許してくれましたが、しばらく気まずかったです(笑)」と撮影当時を楽しそうに回顧していた。



福崎は、「でも、控室とかで未祐さんが、子供たちと遊んであげているのを見ると、本当に劇中の花みたいだなあと思い感心していました!」と称賛し、合いの手。

舞台挨拶同日は小川監督25歳の誕生日でもあった。イベント終了間際、サプライズで小川が花束を贈呈すると、監督は嬉そうな表情を見せ、映画の成功を誓っていた。

・合わせて読みたい→九条ねぎ、お尻にアヒルを乗せたくて悪戦苦闘 「何を見せられてるの…」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ