アベンジャーズの技をコピーする暗殺者・タスクマスターの姿も 映画『ブラック・ウィドウ』キャラクターポスタービジュアルを解禁

SPICE


7月8日(木)より映画館、7月9日(金)よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開される映画『ブラック・ウィドウ』より、6種のキャラクターポスタービジュアルが解禁された。

『ブラック・ウィドウ』は、マーベル・コミックの人気キャラクター“ブラック・ウィドウ”を主人公とする映画。『さよなら、アドルフ』『ベルリン・シンドローム』のケイト・ショートランド監督がメガホンをとった作品だ。元ロシアのスパイであるブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフは、S.H.I.E.L.D.のエージェント、そしてスーパーヒーローチーム・アベンジャーズの一員として、『アイアンマン2』(2010年)から、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)まで、計7本のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に登場している。ブラック・ウィドウ初の単独作品である本作には、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)のほか、レッド・ガーディアン/アレクセイ役のデヴィッド・ハーバー、ローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズらが出演。これまで描かれなかった、ブラック・ウィドウの過去と秘密が描かれるという。


今回解禁されたのは、本作の主要キャラクター6名の姿を切り取ったビジュアル。ブラック・ウィドウ(上段左)を中心に、ブラック・ウィドウの自由奔放な“妹”暗殺者エレーナ(上段中央)、“母”でロシアスパイ組織の科学者メリーナ(上段右)、自信過剰な“父”で「ロシアのキャプテン・アメリカ」ことアレクセイ(下段左)ら“家族”に加え、ブラック・ウィドウを支える“古き友人”調達屋メイソン(下段中央)も登場。そして、コピー能力でアベンジャーズの技を駆使する暗殺者・タスクマスター(下段右)の姿も。タスクマスターは“レッドルーム”のために任務を遂行し、キャプテン・アメリカのように盾を操り、ホークアイのように矢を放ち、ブラックパンサーの爪を備え、スパイダーマンのように空を舞うという。果たして、ブラック・ウィドウとどんな形で対峙するのか。

映画『ブラック・ウィドウ』は、7月8日(木)より映画館、7月9日(金)よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ