3世代の女性を襲う恐怖『レリック ―遺物―』公開決定 ルッソ兄弟がプロデュース

 全米3週連続第1位、2020年の映画賞レースを席巻したホラー映画『RELIC(原題)』が、『レリック ―遺物―』の邦題で8月13日より全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

日系女性監督ナタリー・エリカ・ジェームズのデビュー作となる本作は、2020年サンダンス映画祭でお披露目されると、映画ファンと批評家双方からの熱い支持を受け、『ババドック 暗闇の魔物』『へレディタリー/継承』に次ぐマスターピースと絶賛された。全米公開時には3週連続興行収入ランキング第1位を記録。ホラー映画としては異例のゴッサム賞作品賞ノミネート、ナショナル・ボード・オブ・レビューTOP10入りなどの快挙を達成した。

本作が生まれたきっかけは、監督自身が子ども時代に毎夏をすごした母の故郷・日本を久しぶりに訪れた際、大好きだった祖母が認知症によって変わり果てていたことに強いショックを受け、それが出発点となった。この経験に着想を得て書き上げられた脚本は評判を呼び、俳優ジェイク・ギレンホールや『アベンジャーズ』シリーズの監督としても知られるルッソ兄弟がプロデューサーに名乗りを上げた。

完成した作品は、認知症によって「失われゆく記憶」を発端とした、悪夢のような恐怖の連鎖を中心に据えながらも、家族の関係性やジェンダー問題なども巧みに反映。ホラーの枠に収まることなく、スリラーやパニック、ソリッドシチュエーション、ヒューマンドラマに至るまでジャンルの垣根を越えて、誰も予想できない衝撃のラストへと展開する。

解禁されたポスタービジュアルのキーとなっているのは、物語の中心である祖母、母、娘、3世代の女性たちの家族写真。だが祖母の顔は、まるで邪悪な何かに吸い込まれるように黒い煙となって消えかかっており、「愛したものが またひとつ 消えてゆく」という謎めいたキャッチコピーと共に、家族に訪れるであろう恐ろしい運命を予兆している。

映画『レリック ―遺物―』は、8月13日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ