ケンコバが明かす吉本芸人の初任給事情 「10年で?円ずつ上がってる」に総ツッコミ「低いな~!」

 お笑い芸人のケンドーコバヤシ(48)が8日放送の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」(火曜後8・00)に出演。吉本興業の新人芸人のギャラ事情を明かした。

 番組では、大阪市内のオーダースーツ専門店が始めた新社会人を対象に初任給の10%でスーツを販売する画期的なサービスを紹介した。司会の東野幸治(53)が「よしもと芸人にバラしたら(店が)えらい目にあう。初任給500円で税金50円引かれて450円やから、その10%やと45円になる」と指摘。「今田耕司さんに至っては初舞台が100円。税金10円引かれて90円ですから、スーツ代9円ですよ」と言って、笑わせた。

 ケンコバが「僕らの時代の500円から、言うても30年経ってますから。今の若手に聞いたら、800円にまで上がってる。30年で300円、10年で100円ずつ上がってる」と解説すると、「低いな~!」と皆がツッコミ。吉本の内情にスタジオ内は沸いていた。 

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ